クレーン市場、2027年までに642億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のクレーン市場は、2021年に468億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.42%のCAGRで成長し、2027年までに642億米ドル規模に達すると予測されています。

クレーンは、積荷を水平方向に移動させるために使用される建設機械です。これは、ホイストロープ、ワイヤーロープとシーブを備えており、重い荷物を持ち上げたり、他の場所にそれらを輸送するために使用することができます。クレーンに搭載された様々な部品が生み出す機械的な優位性により、強力な力を生み出すことができます。クレーンの設計は、さまざまな産業の要求に応えるために進化しており、最近のクレーンは、単純なシステムを調整して、複雑な吊り上げ作業を達成する能力を備えています。建設プロジェクトでは、材料や建築物をある場所から別の場所に移動させるために、さまざまな種類のクレーンを使用することができます。クレーンには、単純なローププーリーから高層ビルの最上階に固定されたタワークレーンまで、さまざまなタイプがあります。

市場の動向

クレーンの世界的な需要は、人力では不可能な超重量物を持ち上げたり運んだりすることができるという特性により、継続的に拡大しています。クレーンは、複雑な昇降作業や危険な環境下での作業など、様々な産業界のニーズを効率的に満たすことができる技術で設計されています。埃の多い場所や煙の多い場所、異常気象の地域でも、クレーンは十分に機能することができます。また、クレーンは多面的な用途を持っています。建設現場だけでなく、鉱業、油田、物資・貨物の輸送、倉庫・物流など、さまざまな分野で活躍しています。クレーンドリーム、クレーンマーケット広場、クレーンプレミアムポアント360、クレーンカロライナサンズなどのスタイルがあります。

工業化や都市化の進展に伴い、建設業界はここ数十年の間に大きな成長を遂げました。新興国、先進国を問わず、住宅・非住宅ともに建設業は力強い成長を遂げています。このため、さまざまな種類のクレーンの需要が継続的に増加しています。鉱業、自動車、石油・ガスなど、他の多くの最終用途産業の成長も、クレーンの世界市場に好影響を及ぼしています。

主要な市場区分

世界のクレーン市場は、製品タイプ、用途、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・移動式クレーン

・海上・港湾用クレーン

・固定式クレーン

用途別の市場区分

・建設・インフラ

・鉱業

・石油・ガス

・その他

地域別の市場区分

・アジア太平洋地域

・ヨーロッパ

・北アメリカ

・中東・アフリカ

・ラテンアメリカ

地域別では、アジア太平洋地域が最大の市場であり、市場シェアの大半を占めています。

市場の競合状況

世界のクレーン市場における主要な企業としては、Cargotec、Konecranes、Liebherr-International、Manitowoc、Terex、XCMG Group、American Crane and Equipment、Badger Equipment、Braderson、IHI Construction Machinery、Link-Belt Construction Equipment、Kobelco Cranesなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]