バイオ肥料市場、2027年までに53億1千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のバイオ肥料市場は、2022年から2027年にかけて14.66%のCAGRで成長し、2027年までに53億1千万米ドル規模に達すると予測されています。

バイオ肥料は、生きた微生物を含む生物学的廃棄物から作られます。植物に直接栄養を与える化学肥料とは異なり、バイオ肥料は土壌全体の肥沃度を向上させるのに役立ちます。バイオ肥料に含まれる微生物が有機物を分解し、複雑なミネラルを分解して植物が吸収しやすいようにします。この過程で土壌が栄養分で豊かになり、植物の健全な生育が促されるのです。さらに、バイオ肥料は病原菌を繁殖させないので、作物の病気予防にも役立ちます。化学肥料と比較してバイオ肥料が有するいくつかの利点は、農業分野での急速な導入につながっています。

市場の動向

バイオ肥料の普及はまだ初期段階ですが、発展途上国市場と新興市場のどちらも今後数年間で力強い成長を遂げると期待されています。合成農薬の使用による環境被害、主に土壌や食物連鎖の汚染・混入への理解が、バイオ肥料の需要を押し上げています。また、消費者の健康への関心の高まりも、バイオ肥料の需要拡大に拍車をかけています。さらに、各国政府による様々な好意的政策の実施も、バイオ肥料市場の重要な推進力となっています。

主要な市場区分

バイオ肥料の世界市場は、種類、作物、微生物、適用形態、地域に基づいて分類されています。

種類別の市場区分

・窒素固定型バイオ肥料

・リン酸固定型バイオ肥料

・その他

現在、根粒菌、アゾトバクター、アゾスピリラムなどの窒素固定型バイオ肥料が市場シェアの大半を占めています。一方、リン酸固定型バイオ肥料は、今後数年間で急速な成長が見込まれています。

作物別の市場区分

・穀物・穀類

・豆類・油糧種子

・果物・野菜

・その他

現在、作物分野では、穀物類が主流となっています。バイオ肥料は、小麦、オート麦、米などさまざまな穀物の効率的な生産に広く利用されており、痩せた土地での収量を高めるのに役立っています。

微生物別の市場区分

・シアノバクター

・根粒菌

・リン酸可溶化菌

・アゾトバクター

・その他

現在、シアノバクターは微生物分野で最大の市場シェアを占めています。シアノバクターベースのバイオ肥料は、投入コストの削減、リンの生物学的利用能の向上、栄養の循環や窒素固定に役立ちます。

適用形態別の市場区分

・種子処理

・土壌処理

・その他

種子処理は、種子を病原菌や昆虫から守り、苗の定着や植物の初期成長を促進するため、最も好まれる施用方法です。さらに、他の適用形態と比較して、費用対効果が高く、ユーザーフレンドリーでもあります。

地域別の市場区分

・アジア太平洋地域

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・その他

地域別では、北米が最大の市場であり、圧倒的なシェアを誇っています。有機農業を重視する傾向が強まっていることと、人口が多いことが、同地域におけるバイオ肥料の需要を高める主な要因となっています。

市場の競合状況

バイオ肥料の世界市場で事業を展開する主要企業は、以下の通りです。

・Novozymes A/S

・National Fertilizers Limited

・Madras Fertilizers Limited

・Gujarat State Fertilizers & Chemicals Ltd.

・Rizobacter Argentina S.A.

・T.Stanes & Company Limited

・Camson Bio Technologies Limited

・Rashtriya Chemicals & Fertilizers Ltd.

・Lallemand, Inc.

・Nutramax Laboratories, Inc.

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]