大気質モニタリング市場、2027年に65億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の大気質モニタリング市場は、2021年に43億米ドル規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6.8%のCAGRで成長し、2027年には65億米ドル規模に到達すると予測されています。

大気質モニターとは、屋内外の環境における二酸化硫黄、亜酸化窒素、一酸化炭素、粒子状物質、揮発性有機化合物などの汚染物質のレベルを検出・監視するために使用されるセンサーベースの機器を指します。自動車や産業界から排出される有害物質のレベルが上昇しているため、世界人口の多くが喘息などの呼吸器疾患や肺がん、慢性閉塞性肺疾患などの疾病にかかるリスクが高くなっています。大気汚染の悪影響に対する個人や各国政府の意識の高まりが、大気質モニタリングの需要を高めています。

市場の推進要因

いくつかの産業施設では、日常業務で汚染物質を排出しており、環境や施設内で働く人々の健康に深刻な影響を及ぼしています。これらの施設では、拡散、乾性沈着、化学変化を調べ、大気質基準からの逸脱を監視するために大気質モニターを使用しています。また、発展途上国、先進国を問わず、各国政府は産業界の運営をより環境に配慮したものにするための取り組みを行っています。さらに、全体的な大気質の監視と改善のための戦略も実施しており、これが世界の大気質モニタリング市場の成長を後押ししています。加えて、メーカーは製品や技術を開発・発売するために研究開発活動に投資しています。例えば、消費者層を拡大するために、低価格で持ち運び可能な大気質モニターを導入しています。

主要な市場区分

世界の大気質モニタリング市場は、製品タイプ、汚染物質、サンプリング方法、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・屋内用モニター

・屋外用モニター

・ウェアラブルモニター

汚染物質別の市場区分

・化学物質

・物理的汚染物質

・生物学的汚染物質

サンプリング方法別の市場区分

・アクティブ/連続モニタリング

・パッシブモニタリング

・間欠モニタリング

・スタックモニタリング

エンドユーザー別の市場区分

・官公庁・学術機関

・商用・家庭用

・石油化学産業

・発電所

・製薬業界

・その他

地域別の市場区分

・北米

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界の大気質モニタリング市場における主要な企業としては、Thermo Fisher Scientific、Siemens、Teledyne Technologies、Emerson Electric、General Electric、3M、Horiba、Merck、Aeroqual、TSI、Testo、Honeywell、Agilent Technologies、TE Connectivity、Tisch Environmental、Spectrisなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]