ジオポリマー市場、2027年に158億米ドル規模到達見込み

市場の概要

ジオポリマーの世界市場は、2021年に50億米ドル規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は21.5%のCAGRで成長し、2027年には158億米ドル規模に到達すると予測されています。

ジオポリマーは、共有結合で結ばれた鉱物分子のネットワークによって特徴付けられる無機セラミック材料です。純粋な無機ジオポリマーと有機・無機ハイブリッドジオポリマーの2種類に分類されます。黒曜石のようなジオポリマーは自然界に存在しますが、化学的に合成することも可能です。ジオポリマーは常温で非晶質の微細構造を持つため、耐熱性が高く、断熱材として使用されています。現在、ジオポリマーは、耐火・耐熱コーティングや接着剤、医薬品、高温セラミック、有毒・放射性廃棄物の封じ込めなどに使用されています。

市場の成長要因

ジオポリマーは、高強度、超多孔性、低乾燥収縮、低クリープ、耐酸性などの利点を備えています。これらの特性から、ポルトランドセメントの代わりにコンクリートのバインダーとして使用されています。また、橋梁やトンネル、道路の補修、パイプや構造物のリハビリテーションなど、土木インフラ、石油・ガス、化学産業などでも活用されています。さらに、ジオポリマーはポルトランドセメントよりも安価であり、製造時の二酸化炭素排出量も少ないという利点があります。環境規制の高まりやセメント産業への排出負荷により、ジオポリマーの需要は増加しています。加えて、建設分野における技術開発やイノベーションなどの要因も、ジオポリマーの世界市場の成長に寄与しています。

主要な市場区分

ジオポリマーの世界市場は、用途、最終用途産業、地域に基づいて分類されています。

用途別の市場区分

・セメント・コンクリート

・炉・原子炉用断熱材

・複合材

・装飾品

用途別では、セメント・コンクリート分野が最も大きなシェアを占めています。

最終用途産業別の市場区分

・建築工事

・インフラ

・工業用

・美術・装飾

・その他

地域別の市場区分

・北米

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

地域別では、アジア太平洋地域が最大の市場であり、世界シェアの大半を占めています。

市場の競合状況

ジオポリマーの世界市場における主要な企業としては、Imerys Group / Ags Argil’s & Minéraux, Milliken & Company Inc., PCI Augsburg GMBH, Rocla, Wagners, Universal Enterprise, Schlumberger Ltd., Murray & Roberts Cementation Co. Ltd、Banah UK Ltd、Zeobond Pty Ltd、Uretek、BASF、Corning Inc.、Nu-Core、Pyromeral Systems、Airbusなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]