冷凍果物・野菜市場、2027年までに301億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の冷凍果物・野菜市場は、2021年に254億米ドル規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は2.74%のCAGRで成長し、2027年までに301億米ドル規模に到達すると予測されています。

冷凍果物や野菜は、生鮮食品と比較してさまざまな利点があるため、消費者の間で急速に人気が高まっています。果物や野菜の冷凍に採用されている技術は、これらの製品の色、風味、栄養価の保持を支援します。また、水分が氷になることで腐敗が遅くなり、バクテリアの繁殖を防ぐことができます。さらに、冷凍果物・野菜は、激しい輸送や光、熱、埃にさらされることで発生する腐敗の影響を受けません。加えて、低コストで調理が簡単、オフシーズンにも利用できるなど、多くの利点があります。

市場の成長要因

長時間労働や健康志向の高まり、生活習慣病の増加などにより、消費者は洗浄や皮むき、みじん切りの必要がない冷凍果物や野菜に移行しています。また、栄養摂取に影響を与えることなく、調理時間を短縮することができます。これに伴い、メーカー各社は、地元の農産物のハーブやスパイスを取り入れたユニークな製品バリエーションを発売し、ポートフォリオを拡大して多くの消費者を引き付けています。さらに、特にアジア諸国における中産階級の所得水準が上昇していることも、市場の成長を後押ししています。加えて、消費者は現在、地理的な制約を受けないオンラインショッピングとクレジットカード・デビットカードによる支払いを好んでいます。これは、急成長するeコマースと相まって、市場の成長を後押ししています。

主要な市場区分

世界の冷凍果物・野菜市場は、製品タイプ、流通チャネル、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・冷凍果物

・冷凍野菜

市場は主に冷凍野菜で占められています。これは、消費者の多忙なライフスタイルと、調理が簡単な食品への需要の高まりに起因していると考えられます。また、大規模小売店の増加や、家庭やレストランで頻繁に使用されるようになったことも、全体の売上を押し上げています。

流通チャネル別の市場区分

企業対消費者(B2C)

・スーパーマーケット・ハイパーマーケット

・独立系小売店

・コンビニエンスストア

・オンライン

・その他

企業間取引(B2B)

流通チャネル別では、B2C(Business-to-Consumer)市場が大半を占めており、スーパーマーケットとハイパーマーケットが主要なサブセグメントを占めています。

地域別の市場区分

・北米

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

地域別では、ヨーロッパが世界最大の冷凍果物・野菜市場となっています。同地域では、冷凍果物がスムージーなどの主要原料として広く利用されています。また、チップスやサラダ、スムージーに使用される冷凍ケール(キャベツの一種)の需要が高まっていることも、同地域の市場成長を後押ししています。

市場の競合状況

世界の冷凍果物・野菜市場で事業を展開する主要企業の一部は以下の通りです。

・Dole Food Company, Inc.

・Ardo NV

・HJ Heinz

・Simplot Australia Pty. Ltd

・General Mills

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]