電気モーター市場、2027年に1,408億5千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の電気モーター市場は、2021年に1,088億米ドル規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.25%のCAGRで成長し、2027年には1,408億5千万米ドル規模に到達すると予測されています。

電気モーターは、電磁誘導の原理で作動する電気機械装置です。耐久性に優れ、高効率で、メンテナンスの必要性が低く、消費電力が少なく、変動する電圧に対して高い耐久性を持っています。また、化石燃料を使用したエンジンに比べ、コストが大幅に安いという利点があります。このため、電気モーターは、自動車から石油・ガスに至るまでさまざまな産業で応用されており、工業用ファン、工作機械、コンプレッサー、電気自動車、家庭用電化製品、ハードディスクドライブなどに搭載されています。

市場の成長要因

現在、世界的に電気モーター市場の成長を牽引している要因はいくつかあります。技術の進歩に伴う産業用オートメーションの拡大が、市場の主要な成長要因となっています。また、大規模な産業プラントでガスタービンを電気モーターに置き換える動きが、電気モーターの需要を促進しています。さらに、生活水準の向上と消費者の購買力の上昇に伴う自動車需要の増加も、市場の成長を加速しています。加えて、二酸化炭素排出量の削減を目的とした政府の電気自動車販売促進政策も、電気モーター市場の成長に拍車をかけると予想されています。

主要な市場区分

世界の電気モーター市場は、モータータイプ、電圧、定格出力、磁石タイプ、重量、回転数、用途、地域に基づいて分類されています。

モータータイプ別の市場区分

ACモーター

・誘導型ACモーター

・シンクロナスACモーター

DCモーター

・ブラシ付DCモーター

・ブラシレスDCモーター

その他

電圧別の市場区分

・低電圧モーター

・中電圧モーター

・高電圧モーター

定格出力別の市場区分

フラクショナル馬力モーター

・フラクショナル馬力(1/8未満)モーター

・フラクショナル馬力(1/8~1/2)モーター

・フラクショナル馬力(1/2~1)モーター

一体型馬力モーター

・一体型馬力(1~5)モーター

・一体型馬力(10~50)モーター

・一体型馬力(50~100)モーター

・一体型馬力(100W以上)モーター

磁石タイプ別の市場区分

・フェライト

・ネオジム(NdFeB)

・サマリウムコバルト(SmCo5、Sm2Co17)

重量別の市場区分

・低重量モーター

・中重量モーター

・高重量モーター

速度別の市場区分

・超高速モーター

・高速モーター

・中速モーター

・低速度モーター

用途別の市場区分

・産業機械

・空調設備

・輸送

・家庭用電化製品

・自動車

・航空宇宙

・海洋

・ロボティクス

・その他

地域別の市場区分

・アジア太平洋地域

・北米

・ヨーロッパ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界の電気モーター市場で事業を展開する主要企業は、以下の通りです。

・ABBグループ

・シーメンス

・WEG SA

・TECO

・リーガルベロワ株式会社

・日本電産株式会社

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]