医薬品受託包装市場、2027年までに296億2千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の医薬品受託包装市場は、2021年に184億4千万米ドル規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は8.07%のCAGRで成長し、2027年までに296億2千万米ドル規模に到達すると予測されています。

医薬品は、患者に最適な薬理効果を提供するために、製造後に安全に梱包する必要があります。そのため、世界の製薬会社は医薬品のラベル付けや包装などの二次加工を外部に委託しています。また、バイアル、自動注射器、プレフィルドシリンジの組み立てや二次包装などのサービスも行っています。医薬品受託包装は比較的柔軟で収益性が高く、ダイナミックな市場シナリオに対応しやすいため、その需要は世界中で拡大しています。

市場の動向

製薬業界では、専門知識の不足、予算の制約、自社でのパッケージング能力の不足が、小規模な製薬会社が直面する大きな問題です。その結果、世界中で医薬品の受託包装サービスの需要が高まっています。医薬品受託包装業者は、数種類の包装プロジェクトを請け負い、複雑な包装要件に起因する問題を容易に解決することができます。また、これらのベンダーは、提供する製品の品質を高めるために研究開発活動に投資しています。さらに、医薬品受託包装業者は、洗練された包装設備を提供し、顧客の期待に応えるために相当の企業努力をしています。加えて、医薬品の包装に関して多くの国の規制当局が厳格な規制を実施していることも、市場の成長を促す要因となっています。さらに、スマートラベルなどのスマートパッケージングソリューションの利用が増加していることも、市場の成長を加速する要因として期待されています。

主要な市場セグメント

世界の医薬品受託包装市場は、業界、タイプ、パッケージング、地域に基づいて分類されています。

業界別の市場区分

・低分子医薬品

・バイオ医薬品

・ワクチン

タイプ別の市場区分

・無菌

・非滅菌

無菌医薬品受託包装は、様々な病気の感染を防ぐために世界中の病院当局が設定した厳しい基準により、最大の市場シェアを占めています。

パッケージング別の市場区分

・プラスチックボトル

・キャップ・クローサー

・ブリスターパック

・プレフィルドシリンジ

・非経口バイアル、アンプル

・その他

プラスチックボトルは、ガラスボトルと異なり、軽量で利便性が高く、再封が可能で粉砕の心配がないため、市場の大半を占めています。

地域別の市場区分

・米国

・ヨーロッパ

・中国

・インド

・その他

現在、米国は質の高いサービスを提供していることから、市場においてトップの座を獲得しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]