チーズ市場、2027年に113億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のチーズ市場は、2021年に776億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6.31%のCAGRで成長し、2027年には113億米ドル規模に到達すると予測されています。

チーズは、通常、牛、水牛、山羊、羊の乳から得られる乳タンパク質カゼインを凝固させることで、さまざまな風味、食感、形状で製造される乳製品を指します。チーズは、持ち運びが便利で保存期間が長いことから、古くから重宝されてきました。また、丈夫な骨を作るのに欠かせないカルシウムや、強い筋肉を作るのに欠かせない良質なタンパク質などの栄養素も豊富に含まれています。さらに、リン、亜鉛、ビタミンA、ビタミンB12など、その他の重要な栄養素も含まれています。世界のさまざまな地域で多種多様なチーズが生産されていますが、その食感や風味は、熟成、低温殺菌、プロセスなど、主に原料乳の産地によって異なります。

市場の成長要因

世界的な都市化の進展と消費者の可処分所得の増加により、ファストフード産業は健全な成長を遂げています。ファストフード産業の高成長により、近い将来、チーズの消費量が増加することが予想されます。

中国やインドなどの新興市場は、今後数年間、世界のチーズ市場を牽引すると予想されます。以前は、チーズの消費は主に西洋諸国に限られていましたが、経済成長、中流階級の人口増加、都市化の進展とともに、食生活の西洋化の傾向が強まっており、これらの市場におけるチーズの消費は増加すると予想されます。

また、小売業の成長は、世界のチーズ市場にプラスの影響を及ぼしています。数年前までは、多くのグローバル企業が、腐敗の恐れや、インフラ、貯蔵施設、発展途上国市場に関する適切な知識の不足から、発展途上国での製品販売をためらっていました。しかしながら、組織化された小売店の増加に伴い、多くのプレーヤーがインドや中国などの市場に進出しています。

新聞やテレビなどさまざまな広告媒体を通じて多くの企業がマーケティング活動を行うようになり、多くの新興市場において人々の製品に対する認知度は高まっています。

主要な市場セグメント

世界のチーズ市場は、原料、タイプ、製品、フォーマット、流通チャネル、地域に基づいて分類されています。

原料別の市場区分

・牛乳

・バッファローミルク

・ヤギミルク

・その他

タイプ別の市場区分

・ナチュラルチーズ

・プロセスチーズ

現在、消費者の健康意識が高まっていることから、プロセスチーズよりもナチュラルチーズの方が好まれています。

製品別の市場区分

・モッツァレラチーズ

・チェダー

・フェタ

・パルメザン

・ロックフォール

・その他

チーズは、一般的にピザやラザニア、パスタに使用され、その味と健康的な栄養素のために世界中の人々に愛用されています。

フォーマット別の市場区分

・スライス

・サイコロ/キューブ

・シュレッド

・ブロック

・スプレッド

・液体

・その他

流通チャネル別の市場区分

・スーパーマーケット・ハイパーマーケット

・コンビニエンスストア

・専門店

・オンラインストア

・その他

流通チャネル別では、消費者に利便性を提供するスーパーマーケットとハイパーマーケットが最大のセグメントを占めています。

地域別の市場区分

地域別で見ると、ヨーロッパはその高い需要により、世界のチーズ市場において主要な地位を占めています。牛乳と比較すると、チーズはヨーロッパで2番目に好まれる乳製品と見なされています。その他の主要地域には、北米、アジア太平洋地域、中南米、中東およびアフリカが含まれます。

市場の競合状況

チーズの世界市場で事業を展開する主要企業は、以下の通りです。

・ラクタリスグループ

・フォンテラ

・フリースランド・カンピナ

・デイリーファーマーズオブアメリカ

・アーラ フーズ

・SAVENCIA SA

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]