ベビーフード・乳児用粉ミルク市場、2022年から2027年にかけて5.7%のCAGRで成長、2027年に640億米ドル規模到達見込み

市場の概要

ベビーフード・乳児用粉ミルクの世界市場は、2021年に454億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.7%のCAGRで成長し、2027年には640億米ドル規模に達すると予測されています。

ベビーフードとは、果物や野菜、穀物などを柔らかく潰したものを指し、生後4カ月から2歳までの子供向けに調理されます。一方、乳児用粉ミルクは、生後12カ月未満の乳児を対象に製造されています。乳児用粉ミルクは、乳児の成長に不可欠な栄養素を含んでいるため、母乳の代わりとして理想的と考えられています。乳児は十分に噛むための筋肉や歯が発達していないため、ベビーフードや粉ミルクが主な栄養源となります。長年にわたり、親たちは、これらの製品が提供する利便性と豊富な栄養のために、パッケージ食品にシフトしてきました。

市場の動向

最近の親は、十分な栄養が子供の全体的な成長と発達に与える影響について、より強く意識するようになってきています。そのため、タンパク質、ビタミン、ミネラル、炭水化物を豊富に含むベビーフードや乳児用粉ミルクに移行しつつあります。これらの製品は、ほとんどが粉末状で、水や牛乳と混ぜて使うことができます。また、消費者の意識の高まりから、メーカーは有機食品、高級食品、最小限の加工を施したベビーフードや粉ミルクを発売し、売上を伸ばしています。さらに、急成長するeコマース分野も、従来の小売業態と比較して消費者の利便性が高いため、ベビーフード・乳児用粉ミルクの売上を押し上げています。

市場の動向

世界のベビーフード・乳児用粉ミルク市場は、タイプ、流通チャネル、地域に基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・乳児用粉ミルク

・乾燥ベビーフード

・調理済みベビーフード

・その他のベビーフード

流通チャネル別の市場区分

・スーパーマーケット、ハイパーマーケット

・薬局

・コンビニエンスストア

・その他

スーパーマーケットとハイパーマーケットが世界市場全体の大半を占めています。

地域別の市場区分

・北米

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

アジア太平洋地域は人口が多いため、現在最も大きな市場となっています。

また、中国とオランダがそれぞれ最大の輸出入国であることが分かっています。

市場の競合状況

世界のベビーフード・乳児用粉ミルク市場で事業を展開する主要企業は、以下の通りです。

・Abbott Nutrition

・Nestlé S.A.

・Danone S.A.

・Mead Johnson & Company, LLC

・Kraft Heinz Company

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]