アミノ酸市場、2022年から2027年にかけて4.7%のCAGRで成長、2027年までに1,380万トン規模到達見込み

市場の概要

世界のアミノ酸市場は、2021年に1,030万トン規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.7%のCAGRで成長し、2027年までに1,380万トン規模に達すると予測されています。

アミノ酸はタンパク質の構成要素であり、動物および人間の栄養の重要な部分を形成しています。人体では、神経伝達物質やホルモンの合成など、重要なプロセスに必要とされます。アミノ酸は、赤身の肉、魚介類、卵、乳製品、キヌア、大豆製品に豊富に含まれています。免疫力の強化、関節炎やがん、耳鳴りや直腸疾患の治療に有効です。最近では、うつ病、睡眠障害、月経前不快気分障害(PMDD)、禁煙、ブラキシズム、注意欠陥多動性障害(ADHD)などの症状の改善に役立つとして、アミノ酸の需要が高まっています。

市場の動向

消費者の健康志向の高まりにより、栄養価の高い食品への需要が高まっています。このため、食品・飲料メーカーは、アミノ酸などの必須栄養素を強化した製品を発売し、需要の増加につながりました。また、ボディビルダーやアスリートは、パフォーマンスを向上させ、筋肉を発達させるために、タンパク質が豊富な製品を好むようになってきています。これらの製品には、エネルギードリンク、栄養バー、低炭水化物食品、栄養補助食品などのスポーツサプリメントが含まれます。さらに、アミノ酸は動物のタンパク質の必要量を満たすために、動物用飼料に使用されています。加えて、バイオテクノロジーの分野における絶え間ない発展は、翻訳中にタンパク質に組み込まれるタンパク質生成アミノ酸の生産に重要な役割を果たしています。

主要な市場区分

世界のアミノ酸市場は、タイプ、原料、用途、地域に基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・グルタミン酸

・リジン

・メチオニン

・スレオニン

・フェニルアラニン

・トリプトファン

・シトルリン

・グリシン

・グルタミン

・クレアチン

・アルギニン

・バリン

・ロイシン

・イソロイシン

・プロリン

・セリン

・チロシン

・その他

原料別の市場区分

・植物性

・動物性

用途別の市場区分

・動物飼料

・食品

・ヘルスケア分野

地域別の市場区分

・北米

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界のアミノ酸市場における主要な企業としては、味の素株式会社、協和発酵バイオ株式会社、日本化薬株式会社、日本ケミコン株式会社、日本化学工業株式会社、Amino GmbH、Bill Barr & Company、Iris Biotech GmbH、Taiwan Amino Acids Co. Ltd.、BI Nutraceuticals、Sichuan Tongsheng Amino acid Co., Ltd、Wacker Chemie AG、CJ CheilJedang Corp.、Donboo Amino Acid Co., Ltd.、Evonik Industries AG、Archer-Daniels-Midland Companyなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]