粘着テープ市場、2027年までに853億米ドル規模到達見込み

市場の概要

粘着テープの世界市場は、2021年に626億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.1%のCAGRで成長し、2027年までに853億米ドル規模に達すると予測されています。

粘着テープは、粘着性のある化学フィルムと裏打ち材を使用して作られ、物体を一時的または半永久的に組み立て、接着するために適用されます。裏打ち材は通常、紙、プラスチック、発泡体、布、箔でできており、片面に剥離ライナーがついていることもあります。テープの粘着剤は、圧力がかかると粘着する粘弾性材料で、通常は湿気に敏感です。これらのテープは、使用法が容易であり、時間を節約でき、代替品よりも便利です。

市場の動向

自動車や食品・飲料など、さまざまな業界で粘着テープが広く使用されていることが、市場を牽引する重要な要因となっています。自動車メーカーは、自動車の軽量化や燃費向上のために、ボルトやネジなどの代わりに粘着テープを採用するケースが増えています。また、ヘルスケア分野の拡大も市場成長の要因となっています。粘着テープは、創傷治療、医療機器の組み立て、皮膚への電極の貼り付け、手術中のカバーシールドの固定などに広く使用されています。さらに、肌に優しい粘着テープは、幼児用および大人用の紙おむつの製造にも広く利用されています。加えて、環境に優しい水性粘着製品への需要の高まりと、生分解性ポリマーを使用したリサイクル可能なテープの登場が、市場の成長を後押ししています。さらに、オンラインショッピングの増加により、小売包装材や流通資材の需要が高まっており、世界中で粘着テープの需要が増加しています。

主要な市場区分

粘着テープの世界市場は、素材、樹脂、技術、用途、地域に基づいて分類されています。

素材別の市場区分

・ポリプロピレン

・紙

・ポリ塩化ビニル

・その他

樹脂別の市場区分

・アクリル

・ゴム

・シリコーン

・その他

技術別の市場区分

・水性

・溶剤系

・ホットメルトベース

用途別の市場区分

・包装用テープ

・マスキングテープ

・特殊テープ

・その他

地域別の市場区分

・北米

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

粘着テープの世界市場における主要な企業としては、3M Company、日東電工株式会社、Tesa SE、Lintec Corporation、Avery Dennison Corporation、Intertape Polymer Group, Inc.、Shurtape Technologies, LLC.、Scapa Group PLC、Lohmann GmbH & Co. Kg、ニチバン株式会社、積水化学工業株式会社などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]