レーダーセンサー市場、2021年から2026年の間に約9%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のレーダーセンサー市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約9%のCAGRで成長すると予想されています。

RADAR(Radio Detection and Raging System)センサーは、航空機、海洋船舶、二輪車、自動車などの物体からの電磁放射を検知するための電子機器です。レーダーセンサーには、速度計、高度計、パルス、連続波(CW)、画像処理、非画像処理などの種類があります。 レーダーセンサーは、アンテナを介して反射してくる電波を受信し、その信号を処理して情報を提供します。また、これらのセンサーには全地球測位システム(GPS)が組み込まれており、対象物の運動軌跡、位置、大きさ、特性などの情報を保存します。レーダーセンサーは、従来から使用されている光学式や赤外線(IR)式のセンシングデバイスと比較して、ワイヤレスであり、高密度の媒体や絶縁体を透過し、遠くの物体を検出することができ、悪天候の中でも機能することができます。

市場の動向

自動車産業が世界的に大きく成長していることに加え、乗客の安全性が重視されていることが、市場の主な成長要因となっています。CWレーダーセンサーは、自律走行車に搭載され、走行中の静止・移動物体を検知したり、大型商用車の自動緊急ブレーキや衝突回避システムの操作に使用されています。また、軍事・防衛用途では、ターゲットの監視、迎撃、ミサイル誘導、地形追跡、ナビゲーションなどを効率的に行うことが求められており、市場の成長を促進しています。さらに、レーダーセンサーは、空港への侵入検知、刑務所周辺、石油基地、電力網のセキュリティシステムにも役立ち、市場の成長を推進しています。加えて、360度、近距離の監視や高解像度の追跡が可能なコーナーレーダーセンサーの開発など、さまざまな技術的進歩も市場の成長に拍車をかけています。これらの革新的な製品は、視認性の低い条件下で、ターゲットの分離や物体の認識を強化します。その他にも、インダストリー5.0の到来や、スポーツトラッキングソリューションにおけるレーダーへの要求の高まりなどが、市場成長をさらに加速すると期待されています。

主要な市場区分

世界のレーダーセンサー市場は、タイプ別、レンジ別、アプリケーション別に分類されています。

タイプ別の市場区分

画像処理

・連続波(CW)レーダー

・パルスレーダー

・その他

非画像処理

・速度計

・レーダー高度計

レンジ別の市場区分

・短距離

・中距離

・長距離

アプリケーション別の市場区分

・自動車

・航空宇宙・防衛

・環境・気象モニタリング

・交通管理・監視

・その他

市場の競合状況

世界のレーダーセンサー市場における主要な企業としては、Continental AG、DENSO Corporation、株式会社日立製作所、Honeywell International Inc.、Infineon Technologies AG、L3harris Technologies Inc.、Lockheed Martin Corporation、NXP Semiconductors N.V、Raytheon Technologies Corporation、Robert Bosch GmbH、Saab AB、STMicroelectronics、Texas Instruments Incorporated、Thales Groupなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]