ホイップクリーム市場、2021年から2026年にかけて約5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のホイップクリーム市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年の間、市場は約5%のCAGRで成長すると予測されています。

ホイップクリームは、様々な焼き菓子の材料として使用される、軽くてふわふわした食用クリームです。ハンドミキサーや電動泡立て器を使い、生クリームに空気を十分に含ませ、脂肪を均一に分散させて泡立てることで製造されます。乳製品と非乳製品があり、プレーン、バニラ、コーヒー、チョコレート、パイナップル、ストロベリー、オレンジなど、さまざまなフレーバーがあるのが一般的です。ホイップクリームは、ペストリー、パイ、ケーキ、タルト、ワッフル、飲料などのトッピングやフィリングとして加えられ、料理の食感や見た目を良くするために使われます。クリームは通常、微生物や酵素を中和するために低温殺菌され、製品の風味と保存性を高めるために様々な添加物や甘味料で強化されます。

市場の動向

世界的な食品・飲料業界の著しい成長は、市場に明るい展望をもたらす重要な要因の一つです。また、カップケーキ、アイスクリーム、サンデー、ホットチョコレート、ミルクセーキ、プリンなどの消費が、特にミレニアル世代で増加していることも、市場の成長に拍車をかけています。さらに、カスタマイズされた複雑なデザインのケーキやペストリーを提供する高級ベーカリーや製菓ブティックの出現も、市場の成長に寄与しています。ホイップクリームは、様々なデリカテッセン、テーマデザート、特製菓子などの装飾材料として広く使用されています。加えて、ローズ、シナモン、マンゴーなどの斬新なフレーバーの無糖、オーガニック、ビーガンのホイップクリームを発売するなど、さまざまな製品のイノベーションが市場の成長を後押ししています。その他、消費者の購買力の向上や、オンライン小売チャネルを通じた便利な製品の入手方法なども、市場の成長に向けた原動力になると予想されます。

主要な市場区分

世界のホイップクリーム市場は、製品、用途、流通チャネルに基づいて分類されています。

製品別の市場区分

乳製品

・ライトホイップクリーム

・ヘビーホイップクリーム

・その他

非乳製品

用途別の市場区分

・B2B

・B2C

流通チャネル別の市場区分

・スーパーマーケット、ハイパーマーケット

・コンビニエンスストア

・専門店

・オンラインストア

・その他

市場の競合状況

世界のホイップクリーム市場における主要な企業としては、Arla Foods amba, Borden Dairy Company, Cabot Creamery (Agri-Mark Inc), Conagra Brands, Fonterra Co-operative Group Limited, Gay Lea Foods Co-operative Ltd., GCMMF, Granarolo S.p.A, Gruenewald Manufacturing Company Inc, Hanan Products Co. Inc.、Lactalis International、The Kraft Heinz Companyなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]