乾癬性関節炎治療薬市場、2021年から2026年にかけて約8%のCAGRで成長見込み

市場の概要

乾癬性関節炎治療薬の世界市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は約8%のCAGRで成長すると予測されています。

乾癬性関節炎は、免疫システムが関節を攻撃して炎症を引き起こす自己免疫疾患です。その治療法は、腫れや炎症を抑える経口薬から、特定の免疫系を標的とする生物学的療法まで様々です。治療は、痛み、腫れ、こわばりの程度に応じて行われます。現在、市場の主要企業は、病気の進行を防ぎ、痛みを軽減し、関節を保護し、可動域を維持するための新しい治療法を導入しています。これらの治療法は、筋肉や関節を強化し、全体的な安定性を高めるための理学療法と組み合わせることができます。

市場の動向

乾癬疾患は、乾癬性関節炎の主要なリスク要因の一つです。そのため、感染症、ストレス、肥満、皮膚の損傷、アルコール中毒、ビタミン不足などによる乾癬疾患の増加は、市場の主要な成長要因となっています。また、乾癬性関節炎は30歳から50歳の間に最も多く発症するため、世界的に成人人口が増加していることも市場の成長に寄与しています。さらに、乾癬性関節炎の子供は、眼球の中間層に影響を及ぼすぶどう膜炎を発症する可能性が高いとされています。これに加えて、親が子供の健康に関心を持つようになったことが、世界的に乾癬性関節炎治療薬の需要に拍車をかけています。さらに、乾癬性関節炎の早期診断・早期治療は、重篤な障害を予防するなどのメリットがあるとの認識が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。その他の要因としては、個人の可処分所得の増加、医療施設の充実、個人の健康意識の高まりなどが、重篤な症状に対処するための新しい乾癬性関節炎治療薬の需要をさらに拡大すると予想されています。

主要な市場区分

世界の乾癬性関節炎治療薬市場は、薬剤タイプ、タイプ、投与経路、流通チャネルに基づいて分類されています。

薬剤タイプ別の市場区分

・NSAIDs (非ステロイド系抗炎症薬)

・DMARDs (疾患修飾性抗リウマチ薬)

・生物学的製剤

・その他

タイプ別の市場区分

・処方薬

・一般用医薬品

投与経路別の市場区分

・注射剤

・経口剤

・外用薬

流通チャネル別の市場区分

・病院薬剤師

・小売店薬局

・オンライン薬局

市場の競合状況

世界の乾癬性関節炎治療薬市場における主要な企業としては、AbbVie Inc., Amgen Inc., Amneal Pharmaceuticals LLC, AstraZeneca plc, Bristol-Myers Squibb Company, Eisai Co. Ltd., Eli Lilly and Company, Johnson & Johnson Service ltd., Novartis AG, Pfizer Inc., Samsung Biologics, UCB S.Aなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]