pHセンサー市場、2021年から2026年の間に約7%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のpHセンサー市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約7%のCAGRで成長すると予想されています。

pHセンサーは、水素イオンの活性を分析し、水溶液の酸性度やアルカリ度を測定するための電子機器です。測定電極、基準電解質、温度検出素子から構成されています。一般的に使用されているのは、コンビネーション型、差動型、家庭用、ベンチトップ型、ポータブル型、プロセス型などです。pHセンサーは、光学センサー、イオン選択電界効果トランジスタ(ISFET)、およびアンペロメトリック検出器によって動作します。また,pHセンサーは,薬液や化学物質のpH分析にも利用されます。そのため、化学、石油・ガス、食品・飲料、医療、農業、製紙など、さまざまな産業分野で幅広く利用されています。

市場の動向

世界的な産業オートメーションのニーズの増加は、市場の成長を促す重要な要因となっています。また、効果的な水処理ソリューションの普及が、市場の成長を後押ししています。 pHセンサーおよび分析器は、pHおよび酸化還元電位(ORP)レベルの正確な測定値を得るために、水、廃水、クロム、水産養殖の処理施設で使用されています。さらに、医薬品の製造においては、薬効をモニタリングし、最適なpHレベルを確保するためにも使用されています。これに伴い、工業施設から排出される酸性水や塩基性水の悪影響に関する消費者の意識が高まっていることも、市場の成長に寄与しています。加えて、モノのインターネット(IoT)に対応したデジタルpHセンサーの発売など、さまざまな製品のイノベーションも市場成長を加速する要因となっています。これらの先進的なセンサーは、スマートフォンのアプリケーションを通じてリアルタイムの情報を提供し、データをクラウドに保存してリモートアクセスを可能にします。その他、環境保護を目的とした政府の優遇政策の実施や、広範な研究開発(R&D)活動なども、市場の成長に拍車をかけると予測されています。

主要な市場区分

世界のpHセンサー市場は、タイプ別、システムタイプ別、製品タイプ別、測定技術別、アプリケーション別に分類されています。

タイプ別の市場区分

・プロセスセンサー

・ディファレンシャルセンサー

・コンビネーションpHセンサー

・ラボ用センサー

システムタイプ別の市場区分

・ベンチトップ

・ポータブル

製品タイプ別の市場区分

・デジタル

・アナログ

測定技術別の市場区分

・光センサー

・イオン選択性電界効果トランジスタ(ISFET)

・アンペロメトリック検出器

・その他

アプリケーション別の市場区分

・上水・下水

・メディカル

・オイル・ガス

・食品・飲料

・金属・鉱業

・農業

・その他

市場の競合状況

世界のpHセンサー市場における主要な企業としては、ABB Ltd., Emerson Electric Co., Endress+Hauser AG, GF Piping Systems (Georg Fischer Ltd.), Hach Company (Danaher Corporation), Halma plc, Honeywell International Inc., Mettler-Toledo International Inc., Schneider Electric SE, Thermo Fisher Scientific Inc., Xylem Inc., Yokogawa Electric Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]