石油・ガスの腐食防止市場、2021年から2026年の間に約5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の石油・ガスの腐食防止市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約5%のCAGRで成長すると予想されています。

石油・ガスの腐食防止とは、水性環境において、鉄、ニッケル、銅、チタン、クロムなどの金属の劣化を防ぐために、防食システムや技術を利用することを指します。これには、原油や天然ガスの井戸やパイプラインの緩和、監視、検査、洗浄が含まれます。カソードおよびアノード保護、材料の選択、化学薬品の投与、阻害剤の塗布、外部および内部の保護コーティングなどが行われます。これらのソリューションは、上流、中流、下流のパイプラインシステムにおいて、酸素腐食、ガルバニック腐食、隙間腐食、浸食、微生物による腐食、スイート腐食、サワー腐食、応力腐食に対して使用されます。石油・ガスの腐食防止は、プラントの稼働率を高め、配管の錆や漏れを防ぎ、環境へのダメージを最小限に抑えるのに役立ちます。

市場の動向

海洋での石油・ガス探査活動の増加に伴い、井戸、ライザー、掘削装置、パイプラインコネクターなどに効果的な防食システムの需要が高まっていることが、市場の成長を促進する主な要因の一つです。原油はもともと腐食性が高いため、石油・ガスの腐食防止ソリューションは、オイルや水の入ったバラストタンク、船体外板、デッキの寿命を延ばすのに役立ちます。また、天然ガス、石油、中間製品、燃料などを運搬する運輸業界では、腐食防止ソリューションが広く採用されており、市場の成長に弾みをつけています。また、エポキシ系塗料の開発など、さまざまな製品イノベーションも市場の成長を促進する要因となっています。製品メーカーは、アルキド、ポリウレタン、アクリル化合物を使用して、基板の保護、耐水性、耐熱性、物理的特性の向上を目的とした高度なコーティング材料を発売しています。その他の要因としては、特に発展途上国での大規模なインフラ整備や、政府の有利な政策の実施などが、市場の成長を促進すると予想されています。

主要な市場区分

世界の石油・ガスの腐食防止市場は、タイプ、ロケーション、セクターに基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・コーティング

・塗料

・阻害剤

・その他

ロケーション別の市場区分

・オフショア

・オンショア

セクター別の市場区分

・アップストリーム

・ミドルストリーム

・ダウンストリーム

市場の競合状況

世界の石油・ガスの腐食防止市場における主要な企業としては、3M Company, Aegion Corporation, Akzo Nobel N.V, Ashland Global Specialty Chemicals Inc., Axalta Coating Systems Ltd., BASF SE, Chase Corporation, Hempel A/S, Jotun A/S, Metal Coatings Corp., RPM International Inc., The Sherwin-Williams Companyなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]