オシロスコープ市場、2021年から2026年にかけて約5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のオシロスコープ市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約5%のCAGRで成長すると予測されています。

オシロスコープは、変化する信号の電圧をグラフィカルに表示したり、センサーを使ってその経時変化をモニターする電子計測器のことで、電子機器の設計、製造、修理に使用されます。また、高度な分析、断続的な信号のデジタルデバッグ、通信マスクのテスト、デジタル設計とタイミングの繰り返しのアプリケーションにも使用されています。最近では、詳細な信号測定、高速演算、データ保存、自動解析を可能にする、最新の液晶ディスプレイを搭載したデジタルタイプが広く普及しています。現在、各メーカーは、バッテリー駆動、電気的に絶縁されたフローティング入力、組み込み機能を備えたハンドヘルド型の機器を開発しています。

市場の動向

医療従事者は、患者の心拍や脳波のモニタリングなどの診断アプローチにオシロスコープを使用しています。このことは、急性および慢性疾患の増加と診断方法の改善と相まって、市場成長の重要な要因の一つとなっています。また、ドライバーの安全性が重視され、快適で安全な走行を求める傾向が強まっていることも、先進的な支援機能を備えたコネクテッド・モーターサイクルの導入にプラスの影響を与えています。オシロスコープは、通信データストリーム、イグニッションシステム、ソレノイド、センサー、アクチュエーターなどの不整合や潜在的な問題のトラブルシューティングに役立つため、自動車業界での利用が増加しています。さらに、サイバーセキュリティへの関心の高まりにより、航空宇宙・防衛産業においても、高速かつ正確な測定を実現するためにオシロスコープの用途が拡大しています。加えて、定期的かつ一貫した検証を行い、故障した機器が重要な信号を歪めていないかどうかを判断することができます。その他、家電製品の需要が高まっていることから、コンピュータやラジオ、テレビなどの機器の波形を測定するためにも、オシロスコープの販売が拡大しています。

主要な市場区分

世界のオシロスコープ市場は、タイプ別、帯域幅別、プローブタイプ別、エンドユーザー別に分類されています。

タイプ別の市場区分

・アナログ

・デジタル

・PCベース

帯域幅別の市場区分

・1Gz未満

・1.1Gz~8Gz

・8.1Gz~32Gz

・その他

プローブタイプ別の市場区分

・アクティブオシロスコーププローブ

・パッシブオシロスコーププローブ

・電流プローブ

エンドユーザー別の市場区分

・家庭用電化製品

・航空宇宙・防衛

・オートモーティブ

・IT・通信

・ヘルスケア

・その他

市場の競合状況

世界のオシロスコープ市場における主要な企業としては、B&K Precision Corporation、Fluke Corporation (Fortive Corporation)、Good Will Instrument Co. Ltd.、Keysight Technologies、National Instruments Corporation、Pico Technology Limited、Rigol Technologies Co. Ltd.、Rohde & Schwarz GmbH & Co KG、Scientech Technologies Pvt. Ltd.、Teledyne LeCroy Inc.、横河電機株式会社などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]