ノートソーター市場、2021年から2026年にかけて約6%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のノートソーター市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は約6%のCAGRで成長すると予測されています。

ノートソーター(紙幣選別機)とは、紙幣を効果的に仕分け、束ねることで、現金管理プロセスを最適化する機械です。便利で、生産性、効率性、セキュリティを向上させることができます。銀行、カジノ、テーマパーク、セルフサービスキオスク、交通機関など、大量のお金を扱う組織で広く活用されています。現在、複数のメーカーが、光学検査と画像処理技術を統合して偽の額面を識別する、アップグレードされたインテリジェントで信頼性の高い紙幣選別機を提供しています。

市場の動向

手動による現金処理は、通常、非効率的で時間がかかり、エラーのリスクも高いといえます。そのため、様々な業種の企業が、大量の紙幣をスムーズかつ効率的に連続して処理するためにノートソーターを採用しています。また、ノートソーターは、運用コストの削減、内部盗難のリスクの最小化、財務上の損失の減少にも役立ちます。さらに、多額な現預金を簡易処理する必要性が高まり、これが銀行・金融サービス・保険(BFSI)セクターにおける紙幣選別機の利用にプラスの影響を与えています。加えて、テーマパークの人気が高まっていることも、市場の成長に貢献しています。さらに、カジノやその他のギャンブルゲームの人気が高まっていることも、売上を記録するためのノートソーターの需要を喚起しています。その他、大手企業がM&Aに力を入れていることも、市場に明るい展望をもたらしています。例えば、クレーン社の子会社で紙幣・コイン検証のグローバルリーダーであるCrane Payment Innovations (CPI), Inc.は、コイン・通貨・小切手処理ソリューションのリーディングプロバイダーであるCummins Allison社を買収し、既存の製品やサービスの革新をリードしています。

主要な市場区分

世界のノートソーター市場は、ソータータイプ、企業規模、エンドユーザーに基づいて分類されています。

ソータータイプ別の市場区分

・小型ノートソーター

・中型ノートソーター

・大型ノートソーター

企業規模別の市場区分

・大企業

・中小企業

エンドユーザー別の市場区分

・BFSI

・小売業

・その他

市場の競合状況

世界のノートソーター市場における主要な企業としては、BCASH Electronics Co. Limited、Cummins Allison Corp. (Crane Payment Innovations Inc.)、De La Rue plc、Giesecke+Devrient GmbH、Glory Ltd.、GRG Banking、Julong Co., Ltd.、Kisan Electronics、Laurel Bank Machines Co. Ltd.、株式会社東芝などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]