医薬品ろ過市場、2021年から2026年にかけて約8%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の医薬品ろ過市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約8%のCAGRで成長すると予想されています。

医薬品ろ過とは、多孔質媒体を用いて流体や気体から固体粒子状物質を分離するプロセスを指します。このプロセスは、用途や化学的溶液に応じて異なる方法で行われます。例えば、限外ろ過(UF)は、病原体を浮遊させ、製品の純度を高める圧力駆動型のバリアです。特定の高分子の分離・濃縮・精製や、ワクチン・血漿・血清の製造などに広く利用されています。また、最近では水中の全溶存物質(TDS)を除去するクロスフローろ過も開発されています。

市場の動向

慢性疾患の増加に伴い、世界的にジェネリック医薬品の需要が高まっています。このことは、医薬品の品質管理に対する厳しい規制とともに、市場の成長を促す重要な要因の一つとなっています。また、医薬品の販売数の増加は、製造工程で潜在的な病原体を除去するための医薬用ろ過法の採用にプラスの影響を与えています。さらに、大分子や生物製剤の製造における技術の進歩も、市場の成長を後押ししています。加えて、先進的な治療薬への需要が高まっていることや、研究開発プロジェクトへの投資が増加していることも、市場成長の要因となっています。さらに、大手企業は共同研究やパートナーシップ、M&A(合併・買収)活動に力を入れています。これらの企業は、バイオバーデン検査、ウイルスの不活性化、バッファーの調製など、さまざまな用途に使用できる革新的な製品の開発を支援しています。

主要な市場区分

世界の医薬品ろ過市場は、製品、技術、用途、事業規模などに基づいて分類されています。

製品別の市場区分

メンブレンフィルター

・MCEメンブレンフィルター

・コーティングセルロースアセテートメンブレンフィルター

・PTFE膜フィルター

・ナイロン膜フィルター

・PVDF膜フィルター

・その他

プレフィルター及びデプスメディア

・ガラス繊維フィルター

・PTFEファイバーフィルター

シングルユースシステム

カートリッジ・カプセル

フィルターホルダー

フィルターアクセサリー

その他

技術別の市場区分

・マイクロフィルトレーション

・限外ろ過

・クロスフローフィルトレーション

・ナノフィルトレーション

・その他

アプリケーション別の市場区分

最終製品処理

・原薬ろ過

・無菌ろ過

・タンパク質の精製

・ワクチン・抗体加工

・製剤・充填ソリューション

・ウイルス除去

原材料ろ過

・メディアバッファー

・プレフィルトレーション

・バイオバーデン検査

細胞分離

浄水

空気浄化

事業規模別の市場区分

・製造規模

・パイロット規模

・研究開発規模

市場の競合状況

世界の医薬品ろ過市場における主要な企業としては、3M社、Amazon Filters Ltd、Danaher Corporation、Eaton Corporation plc、General Electric Company、Graver Technologies LLC、Meissner Filtration Products Inc、Merck KGaA、Parker Hannifin Corporation、Sartorius AGなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]