チュービングスプール市場、2021年から2026年にかけて約6%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のチュービングスプール市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。2021年から2026年にかけて、市場は約6%のCAGRで成長すると予測されています。

チュービングスプールは、作業を安全かつ円滑に行うために、炭素鋼、ステンレス鋼、高マンガン鋼などのさまざまな金属を用いて作られた工具です。テストポート、アッパーボウル、ロードショルダー、二次シール部、ロックダウンスクリュー、アウトレット、下部および上部フランジ、リングガスケット溝から構成されています。幅広いサイズのチューブストリングに対応し、1本または複数本のストリングを最小限の費用で完成させることができます。また、油井上のチューブストリングを支持し、上部のチューブアダプターに接続し、ケーシングとチューブの間の環状空間を密閉することができるため、世界中で販売が増加しています。

市場の動向

現在、急速な都市化、世界人口の増加、エレクトロニクスへの依存の高まりなどを背景に、世界的にエネルギー需要が急増しているため、各国の政府機関は掘削や探査活動への投資を拡大しています。これは、チュービングスプール市場の重要な成長要因となっています。これに加えて、成熟した油井の再開発の高まりも全体の売上高を押し上げています。さらに、大手企業は、市場シェアを拡大するために、耐久力が高く効率的なチュービングスプールを導入しています。例えば、Integrated Equipment, Inc.は、ストレートボウルのプロファイルを持つチュービングスプールを広域に渡り販売開始しました。同様に、石油・ガス事業者向けのクラウドベースの可視化システムの開発によって、チュービングスプールの需要は拡大しています。また、市場のプレーヤーは、市場における競争力維持のため合併及び買収(M&A)を行っています。さらに、化学分野におけるパイプとフィッティングの利用拡大が、市場成長をさらに加速すると予想されています。

主要な市場区分

世界のチュービングスプール市場は、タイプ、用途、エンドユーザーに基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・シングルチューブ

・デュアルチューブ

用途別の市場区分

・オンショア

・オフショア

エンドユーザー別の市場区分

・坑井試験

・坑井仕上げ

市場の競合状況

世界のチュービングスプール市場における主要な企業としては、Delta US Corporation LLC、Ethos Energy Group Limited (John Wood Group plc)、Integrated Equipment, Inc、Jiangsu Sanyi Petroleum Equipment Co. Ltd.、JMP Petroleum Technologies Inc.、MSP Drilex Inc.、Sunnda Corporation、TSC Group Holdings Limited、Uztel S.A.、Weir Group plc、Yantai Jereh Oilfield Services Group Co. Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]