移植診断市場、2021年から2026年にかけて約8%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の移植診断市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、2021年から2026年にかけて、市場は約8%のCAGRで成長すると予測されています。

移植診断は、臓器および造血幹細胞移植の組織適合性および免疫遺伝学の基礎となるものです。医療従事者が臓器のドナー候補とレシピエント候補の適合性を判断する際に役立っています。これにより、臓器の生存率を高めると同時に、重篤な移植合併症を最小限に抑えることができます。そのため、病理学、免疫遺伝学、感染症、分子診断学、治療薬モニタリング、ヒト白血球抗原(HLA)タイピングおよびモニタリングなど、さまざまな分野で使用されています。

市場の動向

加工食品の消費量の増加、タバコやアルコールの消費者の増加により、急性および慢性疾患の有病率が上昇し、臓器不全の症例数が大幅に増加しています。このことは、献血者数の増加と相まって、ドナーとレシピエントの適合性を確保し、移植患者のQOLを向上させるために、世界的に移植診断の需要を高める主な要因となっています。また、高齢者は健康問題や臓器不全に陥りやすいため、世界的な高齢者人口の増加が市場の成長を推進しています。さらに、深刻な交通事故や衝突事故の増加も、臓器移植とその診断の需要に影響を与えています。これとは別に、各メーカーは抗体検出製品、ラボ用機器、コンピューターソフトウェアを包括的に提供しています。これらの製品を活用することで、検査手順や最終的な検査評価を簡略化・自動化できるため、市場の成長を後押ししています。加えて、数か国の政府によるヘルスケア分野への支出額の増加が、市場の成長を促しています。さらに、複数のヘルスケア企業が臨床・研究用途の革新的で高品質なHLA製品の開発に注力しており、これが市場を牽引すると予測されています。

主要な市場区分

世界の移植診断市場は、コンポーネント、テクノロジー、臓器、アプリケーション、エンドユーザーなどに基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場区分

・機器・装置

・試薬・消耗品

・ソフトウェアとサービス

テクノロジー別の市場区分

非分子アッセイ

・血清学的測定法

・混合リンパ球培養

分子アッセイ

・PCベース

・シーケンシングベース

臓器別の市場区分

・腎臓

・肝臓

・心臓

・肺

・膵臓

・その他

アプリケーション別の市場区分

・移植前診断

・移植後診断

エンドユーザー別の市場区分

・病院・移植センター

・研究所・学術機関

・民間サービスプロバイダー

市場の競合状況

世界の移植診断市場における主要な企業としては、Abbott Laboratories、Becton Dickinson and Company、bioMérieux SA、Bio-Rad Laboratories Inc、F. Hoffmann-La Roche AG、Hologic Inc、Illumina Inc、Immucor Inc (IVD Holdings Inc.)、Merck KGaA、Qiagen N.V.、Thermo Fisher Scientific Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]