公共安全アナリティクス市場、2021年から2026年の間に約20%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の公共安全アナリティクス市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約20%のCAGRで成長すると予想されています。

公共安全アナリティクスは、エビデンスに基づく報告、分析、コミュニケーションのためのインテリジェントなデータの視覚化を提供します。公共安全アナリティクスは、クリーンで包括的なデータ、分析コストと遅延の削減、カスタムレポートとダッシュボード、空間分析と再生など、さまざまな利点を提供します。現在、世界中の公共安全機関で利用されており、データを価値あるレポートに変換することで、断片的なデータの課題を克服しています。また、パフォーマンスの評価、リソースの割り当て、オペレーションの改善も可能です。さらに、複雑なビジネス上の問題を解決し、インテリジェントな意思決定を支援するためにも広く採用されています。

市場の動向

各国の地政学的緊張の高まりを受けて、世界の情報機関は防衛予算を増やし、軍事・法執行機関の状況認識を向上させるための先進的なソリューションを導入しており、これが公共安全アナリティクスの需要を押し上げる主な要因となっています。公共安全アナリティクスは、リアルタイムおよび過去のデータを提供し、ライブイベントの監視、リソースの調整、ガバナンスと監督を実現します。また、空港や国境、公共の場で、犯罪者や旅行者の詳細情報を含むデータベースと、容疑者の固有のバイオメトリックIDを照合することで、容疑者を特定することができます。さらに、サイバー犯罪の増加に伴い、ビッグデータ解析プログラムを利用して、マルウェアやランサムウェアなどのサイバーセキュリティ上の脅威を定期的にスキャンすることが求められています。このような脅威は、政府機関に莫大な経済的損失をもたらす可能性があります。加えて、市場関係者は、市民へのサービスと保護を向上させるために、クラウドソリューション、人工知能(AI)、インテリジェントワークフローを用いたハイブリッドモデルを導入しています。さらに、モノのインターネット(IoT)、ソーシャルメディア分析、コグニティブ分析の進歩は、医療業界における公共安全アナリティクスの導入に好影響を与え、公共安全業務への深い統合を可能にしています。

主要な市場区分

世界の公共安全アナリティクス市場は、コンポーネント、アナリティクスタイプ、アプリケーション、展開モデル、産業分野に基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場区分

・ソリューション

・サービス

アナリティクスタイプ別の市場区分

・プレディクティブ・アナリティクス

・プレシプティブ・アナリティクス

・ディスクリプティブ・アナリティクス

アプリケーション別の市場区分

・パターン認識

・インシデント検知

・要注意人物のスクリーニング

・監視

展開モデル別の市場区分

・オンプレミス

・クラウドベース

産業分野別の市場区分

・法執行機関

・医療

・消火活動

・その他

市場の競合状況

世界の公共安全アナリティクス市場における主要な企業としては、Cisco Systems Inc., Environmental Systems Research Institute Inc., Fishtech Group LLC, Hexagon AB, Hitachi Vantara LLC (Hitachi Ltd.), International Business Machines Corporation, NEC Corporation (AT&T Inc.), NICE Ltd., SAP SE, SAS Institute Inc., Splunk Inc., Verint Systems Incなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]