プレミアムメッセージング市場、2021年から2026年にかけて約5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のプレミアムメッセージング市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約5%のCAGRで成長すると予想されています。

プレミアムメッセージングとは、固有のショートコードを使ってショートメッセージサービス(SMS)を送信するサービスのことです。プレミアムメッセージングには、標準的なメッセージング料金に加えて追加料金が必要で、ユーザーの携帯電話のクレジットに請求されます。短縮ダイヤルを利用して、経路、クイズ、音楽、翻訳、着信音、電話番号、検索結果、コンテストゲーム、チャット、背景画像、株価など、さまざまな情報やサービスにアクセスできます。現在では、これらのサービスは、フライトの遅延やスポーツの結果など、オンデマンドであらかじめ決められた頻度で作動します。

市場の動向

モバイル加入者数の大幅な増加と、二要素認証の導入の急増は、市場にプラスの影響を与える重要な要因となっています。また、企業は、フィールドサービスソフトウェアや顧客関係管理(CRM)などのアプリケーションに、コンテクストコミュニケーションを組み込んだクラウドアプリケーションプログラミングインターフェース(API)を利用しています。これにより、ユーザーの登録、顧客との対話の強化、保留中のサービスに関するステータスアップデートの送信などがグローバルに展開されています。さらに、プレミアムメッセージングは、チャリティや投票活動にも利用できます。例えば、自然災害時に、加入者は簡単にSMSメッセージを送信して寄付をしたり、被災者を助けたりすることができます。加えて、天気予報、交通機関の最新情報、リバースチャージ電話などの特典もあります。また、医療業界では、病状の悪化に伴い、予約の自動通知や手間のかからないコミュニケーションのために、プレミアムメッセージングの利用が拡大しています。その他、世界中の銀行、金融サービス、保険(BFSI)の分野では、スタッフとの社内外のコミュニケーションの強化、バックエンドのITプロセスの自動化、顧客との関係やサービスの向上のために利用されています。

主要な市場区分

世界のプレミアムメッセージング市場は、タイプ別、ツール別、エンドユーザー別に分類されています。

タイプ別の市場区分

・A2Pメッセージング

・P2Aメッセージング

ツール別の市場区分

・クラウドAPIメッセージングプラットフォーム

・従来型マネージドメッセージングサービス

エンドユーザー別の市場区分

・BFSI

・運輸・旅行業

・ヘルスケア

・メディア・エンタテインメント

・小売・電子商取引

・IT・テレコム

・政府機関

・その他

市場の競合状況

世界のプレミアムメッセージング市場における主要な企業としては、AMD Telecom S.A.、AT&T Inc.、Comviva Technologies Limited (Tech Mahindra Limted)、Infobip Ltd.、Mavenir、Sinch、Syniverse Technologies LLC、Tata Communications Limited、Twilio Inc.、Tyntec、Verizon Communications Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]