ファーマコゲノミクス市場、2021年から2026年にかけて約7%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のファーマコゲノミクス市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は約7%のCAGRで成長すると予測されています。

ファーマコゲノミクスとは、特定の薬剤に反応するヒトの遺伝子の遺伝的変異を研究する学問です。薬理学とゲノミクスの原理を利用して、個人の遺伝子構造に合わせた効果的で安全な薬剤を開発します。薬理学では、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)、マイクロアレイ、デオキシリボ核酸(DNA)シークエンス、質量分析、電気泳動など、さまざまな技術を使用します。ファーマコゲノミクスで行われる遺伝子検査は、特定の病気に対する感受性や、新たに開発された医薬品の有効性を判断するのに役立ちます。また、ファーマコゲノミクスは、心血管疾患、アルツハイマー病、癌、ヒト免疫不全ウイルスおよび後天性免疫不全症候群(HIV/AIDS)、喘息などの様々な疾患の治療にも広く用いられています。

市場の動向

世界的に製薬産業が大きく成長していることが、この市場の成長を促進する重要な要因となっています。また、医薬品の安全性を高めた精密医療への需要が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。慢性的な生活習慣病の増加に伴い、副作用が少なく、有効性の高い標的薬による治療法が広く普及しています。これに伴い、ファーマコゲノミクスはがん治療にも広く利用されており、化学療法剤や標的免疫生物学的薬剤の反応、耐性、有効性、毒性などを予測することができ、これも市場の成長に貢献しています。さらに、ファーマコゲノミック・バイオマーカー・ラベリング・ソリューションの開発など、さまざまな技術的進歩も市場の成長を促す要因となっています。これらの技術は、体内で回避可能な薬物有害反応(ADR)のリスクを最小限に抑え、臨床結果を改善するのに役立ちます。加えて、広範な研究開発活動や医療インフラの大幅な改善などの要因も、市場の成長をさらに加速すると考えられています。

主要な市場区分

世界のファーマコゲノミクス市場は、テクノロジー、アプリケーション、エンドユーザーに基づいて分類されています。

テクノロジー別の市場区分

・ポリメラーゼ連鎖反応

・マイクロアレイ

・DNAシーケンサー

・質量分析

・電気泳動

・その他

アプリケーション別の市場区分

・腫瘍

・伝染病

・心血管疾患

・神経系疾患

・精神医学

・疼痛管理

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・病院・診療所

・学術・研究機関

市場の競合状況

世界のファーマコゲノミクス市場における主要な企業としては、Abbott Laboratories、AstraZeneca plc、Bayer AG、Becton Dickinson and Company、Bio-Rad Laboratories Inc、F. Hoffmann-La Roche AG、GlaxoSmithKline plc、Illumina Inc、Johnson & Johnson、Merck KGaA、Myriad Genetics Inc、Qiagen N.V.、Thermo Fisher Scientific Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]