発酵槽市場、2021年から2026年にかけて約6%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の発酵槽市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。2021年から2026年にかけて、市場は約6%のCAGRで成長すると予測されています。

発酵槽は、撹拌槽型バイオリアクターとしても知られ、従属栄養性微細藻類の培養に使用される小型で経済的な滅菌処理容器です。プローブ、センサー、制御されたクリーンインプレイスシステムを使用して状態を監視し、微生物の成長を最適なレベルに維持します。現在、食酢、セルロース、エタノール、プロテアーゼ、リパーゼ、アミラーゼ、ストレプトマイシン、クエン酸、乳酸、グルタミン酸など、さまざまな製品の製造に利用されています。これらの製品は、世界中でパルプや紙の生産、生物学的廃水処理、工業用溶剤などに幅広く利用されています。

市場の動向

発酵槽は、大量の収穫物を迅速に生産でき、酸性や高温などの異常な生育条件にも耐え、遺伝子組み換えも可能です。そのため、製薬業界ではさまざまな化合物、酵素、薬剤の生産に広く利用されています。感染症や慢性疾患の増加に伴い、これらの医薬品に対する需要が高まっていることは、市場にプラスの影響を与える主な要因の一つとなっています。また、発酵プロセスは、有害な微生物や化学物質を破壊し、消化を助ける有益な細菌を追加します。そのため、発酵機は食品・飲料産業において、大豆製品、乳製品、穀物、野菜の保存や食感の変更に使用されるようになってきています。さらに、腸管、免疫システム、栄養素の生物学的利用能の改善、乳糖不耐症、アレルギー、癌の可能性の低減など、発酵食品の摂取による健康上の利点に関する個人の意識の高まりが、市場成長に寄与しています。加えて、発酵槽には、プロセスのモニタリング、データの取得と保存、エラー検出、フィルタリング、単位変換、測定計算を容易にするための高度な技術を組み込むことができ、これが市場成長の原動力になっています。

主要な市場区分

発酵槽の世界市場は、プロセス、動作モード、素材、エンドユーザーに基づいて分類されています。

プロセス別の市場区分

・バッチ

・フェドバッチ

・連続

動作モード別の市場区分

・半自動

・自動

素材別の市場区分

・ステンレススチール

・ガラス

エンドユーザー別の市場区分

・食品・飲料

・医薬品

・パーソナルケア

・その他

市場の競合状況

発酵槽の世界市場における主要な企業としては、Applikon Biotechnology B.V. (Getinge AB), bbi-biotech GmbH, Bioengineering AG, CerCell A/S, Electrolab Biotech Ltd, GEA Group Aktiengesellschaft, General Electric Company, Pierre Guérin SAS (ENGIE Group Company), Sartorius AG, Thermo Fisher Scientific Inc., ZETA Holding GmbHなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]