データウェアハウス市場、2021年から2026年にかけて約11%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のデータウェアハウス市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。2021年から2026年にかけて、市場は約11%のCAGRで成長すると予測されています。

データウェアハウスは、構造化、半構造化、非構造化データを電子的に保存、分析、報告するプロセスです。POS(販売時点情報管理)トランザクション、マーケティングシステム、CRM(顧客関係管理)ソリューションなど、さまざまな情報源から情報を記録します。過去と現在のデータを一元管理されたリポジトリに記録し、長期的な洞察とビジネスインテリジェンス(BI)を提供することができます。一般的に使用されるデータウェアハウスソリューションには、エンタープライズデータウェアハウス(EDW)、業務用データストア、データマートがあります。これらは、オンプレミス、クラウド、またはハイブリッド環境で展開することができ、データの抽出と分析に使用されるロード、ウェアハウス、クエリーマネージャーで構成され、一貫性の確保、インデックスの作成、集約、ソースデータの変換と結合を行います。

市場の動向

次世代BIソリューションに対する需要の高まりと、世界中の組織が生成するデータ量の増加は、市場成長を促進する重要な要因の一つとなっています。また、低レイテンシーでリアルタイムにデータ分析を行うための専用ストレージシステムに対するニーズが高まっていることも、市場成長の推進力となっています。さらに、仮想データウェアハウジングという新たなトレンドも、市場の成長に寄与しています。仮想データウェアハウスは、データインベントリーとメタデータの凝縮されたビューを提供し、ミドルウェアを利用してさまざまな情報源に接続し、物理データの複製を防止します。加えて、データウェアハウスと人工知能(AI)および機械学習(ML)ソリューションの統合など、さまざまな技術的進歩も市場成長要因として作用しています。これらの革新的なソリューションは、ユーザーの要件に応じてデータを自動的に最適化および変換し、予測的な洞察を抽出します。その他、情報技術(IT)インフラの大幅な改善や、広範な研究開発(R&D)活動などが、市場の成長をさらに加速すると予測されています。

主要な市場区分

世界のデータウェアハウス市場は、提供サービス、データタイプ、導入モデル、企業規模、エンドユーザーに基づいて分類されています。

提供サービス別の市場区分

・ETLソリューション

・統計解析

・データマイニング

・その他

データタイプ別の市場区分

・非構造化データ

・半構造化データおよび構造化データ

導入モデル別の市場区分

・オンプレミス

・クラウド型

・ハイブリッド

企業規模別の市場区分

・大企業

・中小企業

エンドユーザー別の市場区分

・BFSI

・IT・通信

・政府機関

・製造業

・小売

・ヘルスケア

・メディア・エンターテイメント

・その他

市場の競合状況

世界のデータウェアハウス市場における主要な企業としては、Actian Corporation (HCL Technologies Limited), Amazon Web Services Inc. (Amazon.com Inc.), Cloudera Inc., Dell Technologies Inc., Google LLC (Alphabet Inc.), Hewlett Packard Enterprise Development LP, International Business Machines Corporation, Microsoft Corporation, Oracle Corporation, SAP SE, Snowflake Inc., Teradata Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]