アダプティブセキュリティ市場、2021年から2026年にかけて約15%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のアダプティブセキュリティ市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。2021年から2026年にかけて、市場は約15%のCAGRで成長すると予測されています。

アダプティブセキュリティとは、サイバーセキュリティの脅威や脆弱性を監視するために使用されるクラウドベースのセキュリティモデルを指します。脅威の可視化、検知、予防のフィードバックループを作成することで、外部および内部のリスクから保護し適応させるために、行動やイベントを分析するものです。アダプティブセキュリティソリューションは、セキュリティ違反や潜在的な脅威を特定するための内蔵インテリジェンスプログラムで構成されています。従来のアンチウイルスシステムとは異なり、アダプティブセキュリティは、リアルタイムでの監視と対応、セキュリティ侵害の優先順位付けとフィルタリング、解決時間の短縮、高度な脅威への対処を実現します。そのため、銀行、金融サービス、保険(BFSI)、情報技術(IT)、テレコミュニケーション、製造業など、さまざまな業界で幅広く利用されています。

市場の動向

世界中でサイバーセキュリティの侵害やデータ盗難が増加していることが、市場成長の主な要因の一つとなっています。アダプティブセキュリティ・ソリューションは、悪意のあるトラフィック、異常、脆弱性をリアルタイムで精査・特定し、エンドポイントセキュリティを実装するものです。また、データや経済的な損失を防ぐために、中規模および大規模な組織において、仮想化、適応型、サービス指向型、モデル駆動型、コンテキスト型のネットワークセキュリティ・ソリューションに対する需要が高まっています。さらに、マルチレイヤーのセキュリティソリューションに対するニーズが高まっていることも、市場の成長を後押ししています。コネクテッドデバイスとモノのインターネット(IoT)の統合やクラウドベースのエコシステムなど、さまざまな技術の進歩も、市場の成長に拍車をかけています。アダプティブセキュリティソリューションは、パブリック、ハイブリッドクラウド、データセンターのすべてにおいて、アプリケーションプロセスの変化に合わせてセキュリティパラメータを同時に再計算し、それによって影響を受ける領域をネットワークインフラから分離し、被害を最小限に抑えることができます。その他、ITインフラの大幅な改善や、大規模な研究開発(R&D)活動などが、市場の成長に向けた原動力になると予想されています。

主要な市場区分

アダプティブセキュリティの世界市場は、コンポーネント、導入形態、アプリケーション、エンドユーザーに基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場区分

・サービス

・ソリューション

導入形態別の市場区分

・オンプレミス

・クラウド型

アプリケーション別の市場区分

・アプリケーションセキュリティ

・ネットワークセキュリティ

・エンドポイントセキュリティ

・クラウドセキュリティ

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・BFSI

・政府・防衛

・製造業

・ヘルスケア

・エネルギー・公益事業

・IT・通信

・その他

市場の競合状況

アダプティブセキュリティの世界市場における主要な企業としては、Cisco Systems Inc.、Cloudwick Technologies Inc.、FireEye Inc.、Hewlett Packard Enterprise Company、Illumio Inc.、Juniper Networks Inc.、Oracle Corporation、Rapid7 Inc.、RSA Security LLC、Trend Micro Incorporated、WatchGuard Technologies Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]