デジタルトランスフォーメーション市場、2021年から2026年にかけて約20%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のデジタルトランスフォーメーション市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。2021年から2026年にかけて、市場は約20%のCAGRで成長すると予測されています。

デジタルトランスフォーメーションとは、デジタル技術の統合による企業、産業、エコシステムの組織的、運用的、文化的な変化を指します。ロボット工学、3Dプリンティング、人工知能(AI)、アディティブ・マニュファクチャリングなどの先端技術の活用が含まれます。デジタルトランスフォーメーションは、オンサイトまたはクラウドのソフトウェア、ハードウェアのアップグレード、デジタルエクスペリエンスプラットフォーム(DEP)により実施されます。これらのソリューションは、業務のデジタルストリーミング化によって組織のプロセスと能力を最適化し、ブランドの評判、顧客体験、顧客維持率を向上させるのに役立ちます。そのため、デジタルトランスフォーメーションは、銀行、金融サービス、保険(BFSI)、ヘルスケア、情報技術(IT)、小売、輸送など、さまざまな産業で幅広く活用されています。

市場の動向

世界のデジタルトランスフォーメーション市場は、主に様々なビジネスプロセスの急速なデジタル化と自動化によって牽引されています。中小企業から大企業まであらゆる企業は、競争力を高め、消費者にリアルタイムで対応するために、デジタルトランスフォーメーションソリューションの導入を進めています。また、産業用ロボットの普及や、スマートファクトリーシステムの効率化を目的としたインダストリー5.0の登場が、市場成長の推進力となっています。さらに、コネクテッドデバイスとモノのインターネット(IoT)およびクラウドコンピューティングソリューションの統合など、さまざまな技術の進歩が、市場の成長を後押ししています。このようなコネクテッド・データエンリッチ・テクノロジーは、企業が顧客との関係を改善し、効果的に行動できるようにするために、ビジネスオペレーションに組み込まれています。その他、無線通信技術の利用拡大や、特に発展途上国における大規模なインフラ開発などの要因も、市場の成長をさらに加速すると予想されています。

主要な市場区分

世界のデジタルトランスフォーメーション市場は、タイプ、導入形態、企業規模、最終使用産業に基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

ソリューション

・アナリティクス

・クラウドコンピューティング

・モビリティ

・ソーシャルメディア

・その他

サービス

・プロフェッショナルサービス

・統合と実装

導入形態別の市場区分

・クラウド型

・オンプレミス

企業規模別の市場区分

・大企業

・中小企業

最終使用産業別の市場区分

・BFSI

・製造業・小売業

・政府機関

・ヘルスケア

・IT・通信

・その他

市場の競合状況

世界のデジタルトランスフォーメーション市場における主要な企業としては、Accenture PLC, Adobe Inc., Capgemini SE, Cognizant, Dell Technologies Inc., Google LLC (Alphabet Inc.), Hewlett Packard Enterprise Company, International Business Machines Corporation, Marlabs Inc., Microsoft Corporation, Oracle Corporation, SAP SE, Siemens AG.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]