眼内レンズ市場、2021年から2026年にかけて約5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の眼内レンズ市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。2021年から2026年にかけて、市場は約5%のCAGRで成長すると予測されています。

眼内レンズ(IOL)は、白内障手術で取り除かれた天然レンズの集束力を補うために使用される医療用インプラントです。また、屈折レンズ交換による視力矯正手術の際にも使用されます。一般的に、シリコーンやアクリルなどのプラスチック製で、有害な紫外線から目を保護するために独自の材料でコーティングされています。現在、複数のメーカーが、目の軸長や角膜のカーブに応じて異なる焦点距離を持つ、多種多様なプレミアム製品を提供しています。

市場の動向

加齢に伴い、眼球内のタンパク質が変化し、水晶体の一部が濁ることで、白内障の発症リスクが高まります。このことは、高齢化社会の到来と相まって、世界中で眼内レンズの需要を喚起する重要な要因の一つとなっています。また、小児白内障は失明につながるため、子供の健康に対する保護者の関心が高まっていることも、市場にプラスの影響を与えています。さらに、多くの国の政府機関や非政府組織(NGO)が、無料の眼科検診や手術、医療費の払い戻しを支援しており、これが市場の成長を後押ししています。加えて、大手企業はメガネの必要性をなくす三焦点レンズを導入し、さらに、研究開発(R&D)活動にも投資し、近視や遠視の患者を助ける高度なレンズを提供しています。このような先進的なソリューションが、IOL市場の成長をさらに加速すると予想されています。

主要な市場区分

眼内レンズの世界市場は、製品、素材、エンドユーザーに基づいて分類されています。

製品別の市場区分

・単焦点眼内レンズ

・多焦点眼内レンズ

・トーリック眼内レンズ

・調節性眼内レンズ

素材別の市場区分

・ポリメチルメタクリレート

・シリコーン

・疎水性アクリル

エンドユーザー別の市場区分

・病院

・眼科クリニック

・外来診療センター

・眼科研究機関

市場の競合状況

眼内レンズの世界市場における主要な企業としては、Alcon Inc.、Bausch Health Companies Inc.、Carl Zeiss Meditec AG (Carl-Zeiss-Stiftung), EyeKon Medical Inc.、Hoya Corporation, HumanOptics AG, Johnson & Johnson, Lenstec Inc., Rayner Intraocular Lenses Limited, STAAR Surgical Companyなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]