ウェブ解析市場、2021年から2026年にかけて約16%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のウェブ解析市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。2021年から2026年にかけて市場は約16%のCAGRで成長すると予測されています。

ウェブ解析とは、オンラインウェブサイトやeコマースプラットフォームから収集したデータの収集、報告、分析を指します。定量的・定性的データを抽出・分類し、パターンや傾向を把握します。ソフトウェアとオンサイトおよびオフサイトのプラットフォームを使用して、目的、コールトゥアクション、サイト訪問者の目標を作成し、ウェブサイトの主要業績評価指標(KPI)を特定することが含まれます。ウェブサイトの発行者は、ウェブ分析ソリューションを使用して、訪問者数、キーワード検索、サイトでの滞在時間、クリックされたリンクなどを測定します。また、ビジネスと市場調査、オンライン広告、行動ターゲティング、トラフィックとデジタル著作権管理、オンライン詐欺の検出、パーソナライゼーションにも使用されます。その結果、ウェブ解析は、小売、製造、情報技術(IT)、ヘルスケア、銀行・金融サービス・保険(BFSI)など、さまざまな業界において幅広い用途が見出されています。

市場の動向

マーケティングオートメーションの増加とともに、急速なデジタル化が市場成長の主な要因となっています。また、オンラインショップやソーシャルメディアプラットフォームの普及が、市場成長の推進力となっています。ウェブ解析は、ランダムで未整理の膨大なデータを整理し、リアルタイムのユーザーインサイトに基づく、情報に基づいた意思決定を可能にします。さらに、コロナウイルス(COVID-19)の流行が続いていることも、デジタルトラフィックの大幅な増加につながっており、市場の成長に寄与しています。企業は、スマートフォンやタブレットを通じて、ユーザーのウェブサイトとのインタラクションから収集したデータを収集・分析するために、モバイルベースのウェブ分析ソリューションを広く利用しています。加えて、自動化された詳細なパフォーマンス追跡のための予測分析や検索エンジン最適化(SEO)ソリューションの開発も、市場の成長を後押ししています。その他、IT産業の著しい成長、特に発展途上国におけるインターネットの普及率の上昇などが、その他の成長要因として作用しています。

主要な市場区分

世界のウェブ解析市場は、提供形態、展開モード、用途、エンドユーザーに基づいて分類されています。

提供形態別の市場区分

ソリューション

・検索エンジンのトラッキングとランキング

・ヒートマップアナリティクス

・マーケティングオートメーション

・行動ベースターゲティング

・その他

サービス

・プロフェッショナルサービス

・サポート&メンテナンス

展開モード別の市場区分

・オンプレミス

・クラウド

用途別の市場区分

・ソーシャルメディアマネジメント

・ターゲティングと行動分析

・ディスプレイ広告の最適化

・マルチチャネルキャンペーン分析

・オンラインマーケティング

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・BFSI

・小売

・ヘルスケア

・政府機関

・旅行・ホスピタリティ

・IT・通信

・メディア・エンターテイメント

・その他

市場の競合状況

世界のウェブ解析市場における主要な企業としては、Adobe Inc.、AT Internet、Google LLC (Alphabet Inc.)、International Business Machines Corporation、Microsoft Corporation、MicroStrategy Incorporated、SAS Institute Inc、Splunk Inc、Tableau Software LLC (Salesforce.com Inc.), Teradata Corporation、Webtrends Incなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]