マイクロバイオームシーケンスサービス市場、2021年から2026年にかけて21%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のマイクロバイオームシーケンスサービス市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。2021年から2026年にかけて、市場は21%のCAGRで成長すると予測されています。

マイクロバイオームシーケンスサービスは、次世代シーケンサー(NGS)装置を用いて、人間の健康や病気の発症におけるマイクロバイオームの機能の解明を支援するものです。これらのサービスでは、包括的なバイオインフォマティクスおよび統計解析が、ユーザーフレンドリーでインタラクティブなレポートとして提供されます。また、クローニングや培養といった従来の同定方法と比較して、より迅速かつ正確な分類が可能です。主に機能プロファイリング、クラスタリングヒートマップ、アルファ多様性、ベータ多様性、LEfSeバイオマーカー探索、分類、抗生物質耐性遺伝子および病原性因子の同定が含まれます。現在、マイクロバイオームシーケンスサービスは、世界中で人気を集めています。

市場の動向

製薬業界の急成長は、市場の成長を促進する重要な要因となっています。また、炎症性腸疾患の患者数の増加、老人人口の増加、低繊維・高脂肪食の消費量の増加により、大腸がん(CRC)の有病率がかなり上昇しています。そのため、疾病の早期発見および診断の需要が世界中で高まっています。これは、タンパク質や低分子分析のために学術機関や研究機関でマイクロバイオームシーケンスサービスが広く利用されていることと相まって、市場にプラスの影響を及ぼしています。さらに、主要な市場企業は、ヒト幹細胞由来の人工オルガノイド、ハイスループット培養、マイクロバイオーム研究の効率と質の向上を支援するマイクロ流体などの先進技術を活用しています。加えて、先進的な個別化医療を開発するために、腸内細菌コンソーシアムのカスタマイズに注力しています。このほか、より高速でコスト効率の高いシーケンスプラットフォームやデータ解析パイプラインにより、マイクロバイオームコンテンツはさまざまな疾患のバイオマーカーとして広く利用されています。その他、ゲノム研究の増加や医療費の増加などの要因が、市場の成長をさらに加速すると予想されています。

市場の動向

マイクロバイオームシーケンスサービスの世界市場は、技術、研究タイプ、ラボタイプ、アプリケーション、エンドユーザーに基づいて分類されています。

技術別の市場区分

・シーケンシング・バイ・シンセシス(SBS)

・ライゲーションによる塩基配列決定(SBL)

・パイロシーケンス

・サンガーシーケンス

・その他

研究タイプ別の市場区分

・受託研究

・内部研究

ラボタイプ別の市場区分

・ドライラボ

・ウェットラボ

アプリケーション別の市場区分

・ショットガンシーケンス

・ターゲットジーンシーケンス

・RNA シーケンス

・ホールゲノムシーケンス

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・製薬・バイオテクノロジー企業

・研究・学術機関

・その他

市場の競合状況

マイクロバイオームシーケンスサービスの世界市場における主要な企業としては、BaseClear B.V., Clinical-Microbiomics A/S, Diversigen Inc. (OraSure Technologies Inc.), Mérieux NutriSciences, Metabiomics Corporation (BioSpherex LLC), Microbiome Insights Inc., Microbiome Therapeutics LLC, Molecular Research LP, Molzym GmbH & Co. KG, Resphera Biosciences LLC, Shanghai Realbio Technology (RBT) Co. Ltd, Zymo Research Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]