医療シミュレーション市場、2021年から2026年にかけて約12%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の医療シミュレーション市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。2021年から2026年にかけて、市場は約12%のCAGRで成長すると予測されています。

医療シミュレーションは、トレーニング、フィードバック、体験学習のために、現場での活動を仮想的に再現することです。医師、看護師、外科医、その他研修中の医師が、安全な環境で学習、練習、スキル評価を行うために一般的に使用されています。医療シミュレーションでは、腹腔鏡、婦人科、心臓血管、関節鏡、脊椎、血管内、歯科、眼科などのシミュレーションに、ボディマネキン、タスクトレーナー、バーチャルリアリティ(VR)ベースのシステムなどを使用します。教授、同僚、俳優、患者、ビデオカメラなどのオブザーバーからのフィードバックを提供し、患者の安全性の向上、コミュニケーションの最適化、危機管理能力の向上に役立っています。そのため、病院、学術機関、軍事組織、研究施設、外来診療センターなど、幅広い用途で利用されています。

市場の動向

世界的に医療業界が大きく成長していることが、この市場の主な成長要因の一つです。また、シミュレーション学習のメリットに対する人々の意識の向上も、市場成長の原動力となっています。学術機関は、コロナウイルスの感染拡大期間中に適切なトレーニングを提供し、医療過誤のリスクを最小限に抑えるために、Webベースのシミュレーションシステムを広く使用しています。これに伴い、効果的ながん治療のために腹腔鏡シミュレーションシステムが広く導入されていることも、市場成長に寄与しています。インターベンションシミュレーターにおける拡張現実(AR)、ロボット工学、人工知能(AI)ソリューションの統合など、さまざまな技術的進歩が、市場成長に拍車をかけています。これらのシミュレーターは、胆嚢摘出手術、盲腸切除手術、胃バイパス手術、卵管結紮手術、子宮摘出手術を行う医師のトレーニングに広く使用されています。また、患者の安全性に関する懸念の高まりや、特に発展途上国における医療業界の急速なデジタル化などの要因も、市場の成長をさらに加速すると予想されています。

主要な市場区分

世界の医療シミュレーション市場は、製品・サービス、忠実度、エンドユーザーに基づいて市場を分類しています。

製品・サービス別の市場区分

・モデルベースシミュレーション

・サージカルシミュレーション

・超音波シミュレーション

・ウェブベースシミュレーション

・シミュレーション研修サービス

忠実度別の市場区分

・低

・中

・高

エンドユーザー別の市場区分

・病院・診療所

・学術機関・研究機関

・軍関係

・その他

市場の競合状況

世界の医療シミュレーション市場における主要な企業としては、Cardionics Inc. (3B Scientific GmbH), Gaumard Scientific Company Inc., Kyoto Kagaku Co. Ltd, Laerdal Medical, Mentice, Operative Experience Inc., Simbionix USA Corporation (3D Systems), Simulab Corporation, Surgical Science Sweden AB, Synaptive Medical Inc., SynBone AG, VirtaMed AGなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]