オイルシェール市場、2021年から2026年の間に約8%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のオイルシェール市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約8%のCAGRで成長すると予想されています。

オイルシェールは、ケロジェンと呼ばれる化石有機物を多量に含む堆積岩です。オイルシェールは、液体のオイルシェールを得るために使用されます。このオイルシェールは、高度な処理方法を用いて、ガソリン、ディーゼル、天然ガス、液化石油ガス(LPG)などの燃料油や、その他の炭化水素の生産に使用されます。また、その副産物は、アンモニア、硫黄、アルミナ、ソーダ灰、ナホコライトなどの商業製品に利用されています。現在、使用済みオイルシェールは、世界中のセメント製造に幅広く利用されています。

市場の動向

原油価格の高騰や、従来のエネルギー資源と比較してオイルシェールを使用することによるコスト面でのメリットが、消費者の嗜好をオイルシェールに向かわせる大きな要因となっています。また、所得水準の向上と急速な都市化により、自動車の販売台数が増加していることも市場に影響を与えています。さらに、電力消費量の増加と新しい発電所の建設により、世界中でオイルシェールの需要が高まっており、これが市場の成長を促進しています。オイルシェールは、ボイラー燃料として炉内で燃焼させ、発電用の蒸気を発生させることができます。さらに、世界中で建設活動が大幅に増加していることから、セメントやその他の製品の需要が高まっており、これが市場を牽引しています。また、掘削技術の進歩や、革新的な採掘・レトルト技術の登場により、全体的な運営コストの削減にも貢献しています。これに加えて、オイルシェール抽出のための新しい原位置法の開発や、大量のオイルシェールデータを管理するための地理空間インフラの利用が増加していることが、市場全体の成長を促進すると予想されています。

主要な市場区分

世界のオイルシェール市場は、製品、プロセス、技術、アプリケーションに基づいて分類されています。

製品別の市場区分

・シェールガソリン

・シェールディーゼル

・灯油

・重油

プロセス別の市場区分

・オイルシェールの探査

・鉱石の準備

・オイルシェールの回収

・オイルシェール精製

・その他

技術別の市場区分

・In-situ

・Ex-situ

アプリケーション別の市場区分

・電気

・燃料

・セメント・化学品

・その他

市場の競合状況

世界のオイルシェール市場における主要な企業としては、American Resources Inc.、AuraSource Inc.、BP p.l.c.、Chevron Corporation、Eesti Energia AS、Exxon Mobil Corporation、Independent Energy Partners Inc.、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構、Queensland Energy Resources、Royal Dutch Shell plc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]