オーソバイオロジクス市場、2021年から2026年にかけて約5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のオーソバイオロジクス市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は約5%のCAGRで成長すると予測されています。

オーソバイオロジクスは、炭水化物、タンパク質、細胞、糖タンパク質など、体内に自然に存在する物質を用いて作られた組織由来の製品です。痛みや炎症を抑え、変形性関節症の衰弱を回復させ、軟骨の再生、腱の治癒、靭帯の修復、骨の形成などのプロセスを促進します。幹細胞、多血小板血漿(PRP)、自己調整血漿(ACP)、骨髄吸引液(BMAC)などが代表的な治療法です。中でもPRPは、様々な筋骨格の症状に対して、副作用を最小限に抑えた新しい治療法として世界中で注目を集めています。これらの症状には、腱板断裂、肩峰下インピンジメント、変形性肩関節症、膝蓋腱症、外側上顆型腱症、変形性膝関節症などがあります。

市場の動向

オーソバイオロジクスは、プロのアスリートやレクリエーションアスリートのスポーツ関連の怪我の早期回復をサポートします。スポーツをする人々の増加は、市場の主な成長要因の一つです。また、高齢者の場合、体の退行性変化により腱板断裂が起こることがあります。このことは、高齢者人口の増加と相まって、市場の成長を促しています。さらに、座りっぱなしの生活や不健康な食生活、慢性疾患の蔓延などにより、変形性関節症を発症するリスクが高まります。加えて、侵襲的な手術に使用されるいくつかのオーソバイオロジクスは、保険適用で償還される可能性があり、これが市場の成長を後押ししています。さらに、人工関節置換術のような侵襲性の高い手術を回避し、回復時間を短縮できるなど、オーソバイオロジクスに関連する利点についての認識が高まっており、他の外科的処置よりも採用数が増加しています。その他、整形外科手術の増加や、骨折固定用の生体吸収性インプラントの需要の高まりは、小児人口の間で、自家移植骨や同種移植骨、脱灰骨基質などのオーソバイオロジクスの使用を促進しています。

主要な市場区分

世界のオーソバイオロジクス市場は、製品、タイプ、用途、エンドユーザーに基づいて分類されています。

製品別の市場区分

・脱灰骨マトリックス

・同種移植片

・骨形成たんぱく質

・内臓補填製品

・合成骨補填剤

・その他

タイプ別の市場区分

・膝

・足首

・股関節

・手首・肩

・脊椎

・その他

用途別の市場区分

・変形性関節症と退行性関節症

・脊椎固定

・骨折の回復

・軟部組織の損傷

・顎顔面および歯科用途

エンドユーザー別の市場区分

・病院および外来センター

・研究機関および学術機関

・歯科医院・施設

・整形外科医院

市場の競合状況

世界のオーソバイオロジクス市場における主要な企業としては、Arthrex Inc, Globus Medical Inc., Integra LifeSciences, Johnson & Johnson, Medline Industries Inc., Medtronic plc, NuVasive Inc, Orthofix Medical Inc., Smith & Nephew plc, Stryker Corporation, Terumo Corporation, Wright Medical Group N.V. and Zimmer Biometなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]