システイン市場、2021年から2026年にかけて約5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のシステイン市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。2021年から2026年にかけて、市場は約5%のCAGRで成長すると予測されています。

システインは非必須の硫黄系アミノ酸で、タンパク質合成、解毒、多数の代謝機能に使用されます。爪、皮膚、毛髪のβケラチンから生合成され、ジスルフィド結合を構築することでタンパク質の安定性を促進します。また、コラーゲンの生成を増加させ、肌の弾力性や質感を向上させます。さらに、抗酸化物質が豊富に含まれ、炎症、細胞の損傷を抑え、老化を遅らせる効果があります。システインは、コエンザイムA、ヘパリン、ビオチンなどの必須生化学物質を代謝し、癌、糖尿病、心血管疾患の発症リスクを最小化することにも役立ちます。そのため、医薬品、化粧品、パーソナルケア製品、食品サプリメント、フレーバーエンハンサーなどの製造において還元剤として広く使用されています。

市場の動向

世界中の製薬業界の大幅な成長は、市場の見通しを良くする重要な要因の一つです。システインは非経口栄養剤として、またアセトアミノフェンの過剰摂取に対する解毒剤として広く使用されています。また、代謝障害や吸収不良症候群の治療にも役立っています。さらに、食品および飲料業界における幅広い用途が、市場成長の推進力となっています。システインは、ベーカリー製品において、グルテンのジスルフィド結合を切断し、生地の粘度を下げるために、生地調整剤および強化剤として使用されています。これに伴い、化粧品やパーソナルケア製品の製造における製品利用の増加も、市場の成長を後押ししています。システインは、ヘアケア製品において、帯電防止剤、コンディショニング剤、ウェーブ剤、香料成分として作用します。その他、消費者の購買力の向上とともに、広範な研究開発(R&D)活動などの要因が、市場の成長をさらに加速すると予想されています。

主要な市場区分

世界のシステイン市場は、生産工程、用途、最終使用産業に基づいて分類されています。

生産工程別の市場区分

・天然

・合成

用途別の市場区分

・コンディショナー

・フレーバーエンハンサー

・還元剤

・ヒトインスリン製造

・その他

最終使用産業別の市場区分

・食品・栄養補助食品

・医薬品

・化粧品

・動物飼料

・その他

市場の競合状況

世界のシステイン市場における主要な企業としては、味の素株式会社、CJ CheilJedang Corp.、Merck KGaA、日本理化学工業株式会社、株式会社日立製作所、Shanghai Cosroma Biotech Co. Ltd., Shine Star (Hubei) Biological Engineering Co. Ltd.、Wacker Chemie AG、武漢大豊有限公司、無錫碧光生物工学有限公司などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]