バイオエタノール市場、2021年から2026年にかけて約4%のCAGRで成長見込み

市場の概要

バイオエタノールの世界市場は、2021年から2026年にかけて約4%のCAGRで成長すると予測されています。

バイオエタノールは、バイオマスから加水分解や糖発酵、またはエチレンと水蒸気を反応させる化学プロセスで製造される無色透明の液体です。従来の燃料に比べ、生分解性で毒性が低く、環境汚染の心配がないのが特徴です。そのため、ガソリンの代替燃料として世界各国で利用されています。エンジンの設計を変更することなくガソリンに混合できるため、温室効果ガス(GHG)排出量や大気汚染の低減につながります。現在、都市ごみからバイオエタノール燃料を製造する研究開発が進められており、世界的にバイオエタノールの需要が高まっています。

市場の動向

個人の可処分所得の増加に伴い、世界的に郊外化が進み、乗用車の販売台数が増加していることが、市場の成長を促す主な要因となっています。また、環境問題への関心の高まりが、化石燃料の代替としてのバイオエタノール需要を促進しています。さらに、道路交通網の整備に伴い、商用車の利用が増加しています。これらの車両は大気汚染や渋滞の原因となるため、多くの国の政府機関が汚染物質の排出を最小限に抑えるための厳しい規制を実施し、バイオエタノールの需要が拡大しています。加えて、バイオエタノールは一酸化炭素の量を減らすために既存のエンジンに適用され、大気環境の改善に役立っています。さらに、バイオエタノールは肌に優しく、健康や環境に無害なため、化粧品やパーソナルケア製品のキャリアや溶剤として世界中で広く使用されています。また、医薬品業界では、医薬品、咳止めシロップ、薬用カプセル、殺菌剤などの製剤の主要原料として採用されています。さらに、食品・飲料業界では、フレーバー増強剤として人気を集めています。

主要な市場区分

バイオエタノールの世界市場は、タイプ、燃料ブレンド、世代、最終使用産業に基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・サトウキビ系エタノール

・セルロース系エタノール

・でんぷん系エタノール

・その他

燃料ブレンド別の市場区分

・E10

・E20およびE25

・E70およびE75

・E85

・その他

世代別の市場区分

・第一世代

・第二世代

・第三世代

最終使用産業別の市場区分

・自動車・輸送機器

・発電

・製薬

・食品・飲料

・化粧品・パーソナルケア

・その他

市場の競合状況

バイオエタノールの世界市場における主要な企業としては、Abengoa S.A.、Archer-Daniels-Midland Company、BP plc、Cristalco (Cristal Union) 、CropEnergies AG (Südzucker AG) 、 Flint Hills Resources (Koch Industries Inc.) 、 Green Plains Inc.、 Honeywell International Inc.、 INEOS Capital Limited、 Petróleo Brasileiro S.A.、 POET LLC、 Royal Dutch Shell plc、 Valero Energy Corpなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]