整形外科用ソフトウェア市場、2021年から2026年の間に約6%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の整形外科用ソフトウェア市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約6%のCAGRで成長すると予想されています。

整形外科用ソフトウェアは、骨に関連する治療や手術の医学的習熟度を高めるために使用される電子健康記録(EHR)システムのことで、医師や医療従事者が、整形外科疾患の患者に対して個別の治療計画や処方箋を作成するために使用します。このソフトウェアは、クラウドまたは施設に導入することができます。また、PACS(Picture Archiving and Communication System)や、デジタルテンプレート、術前計画、診療管理、収益サイクル管理などのソリューションも含まれています。これらは、手術中のガイダンスとして正確な患者情報の提供を支援し、回復期における患者の元の診断やフォローアップに関する情報を提供します。そのため、様々な病院、手術センター、整形外科専門クリニックで広く使用されています。

市場の動向

関節炎、立方骨トンネル症候群、腰痛などの整形外科疾患が世界的に増加していることが、市場成長の主な要因の一つです。また、このような疾患にかかりやすい高齢者人口の増加も、市場の成長を後押ししています。整形外科用ソフトウェアは、スポーツによる怪我や、事故や外傷による骨折の管理にも広く利用されています。これに伴い、患者や医療従事者の間で低侵襲(MI)手術への関心が高まっていることも、市場の成長に貢献しています。さらに、スマートフォンをベースにしたソリューションの開発など、さまざまな技術的進歩も市場の成長を促す要因となっています。これらのクラウド型ソリューションは、整形外科医にモビリティ、アクセス可能なインターフェース、ストレージ容量、ワイヤレスアクセスを提供します。その他の要因としては、EHRやその他のeHealthソリューションの導入が進んでいることや、特に発展途上国において医療インフラが大幅に改善されていることなどが、市場の成長をさらに加速すると予想されています。

主要な市場区分

世界の整形外科用ソフトウェア市場は、製品、展開モード、アプリケーション、エンドユーザーに基づいて分類されています。

製品別の市場区分

・デジタルテンプレート/術前計画ソフトウェア

・整形外科用電子カルテ(EHR)

・整形外科診療管理

・整形外科用画像保存・通信システム(PACS)

・整形外科用収益サイクル管理

・その他

展開モード別の市場区分

・クラウドベース

・オンプレミス

アプリケーション別の市場区分

・整形外科

・骨折管理

・関節置換

・小児の評価

エンドユーザー別の市場区分

・病院

・整形外科医院

・手術センター

・その他

市場の競合状況

世界の整形外科用ソフトウェア市場における主要な企業としては、Allscripts Healthcare Solutions Inc.、Athenahealth、Brainlab AG、CureMD Healthcare、DrChrono Inc.、General Electric Company、Greenway Health LLC、International Business Machines Corporation、Materialise、Medstrat Inc.、NextGen Healthcare Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]