菓子市場、2021年から2026年にかけて約4%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の菓子市場は、2020年に約2,040億米ドルの規模に達しました。2021年から2026年にかけて、市場は約4%のCAGRで成長すると予測されています。

菓子類は、砂糖やその他の甘味料を豊富に含む食品です。これらの製品は、食感や外観、弾力性を向上させるために、さまざまな原材料を使用して製造されており、安定剤、乳化剤、ゲル化剤、増粘剤なども使用されています。現在、クッキーやチョコレート、ベーカリーなどの菓子類を贈答用として利用する傾向が続いており、市場関係者に有利な成長機会を提供しています。そのため、主要メーカーは、消費者の味覚や好みに合わせて、トロピカル、ナッツベース、エキゾチックなフレーバーを使用した菓子製品を取り入れることによって、製品ポートフォリオを拡大することに注力しています。

市場の動向

消費者の嗜好の変化、急速な都市化、労働人口の増加、個人の購買力の向上などが、世界中で菓子類などの調理済み製品(RTE)の需要を拡大する主な要因となっています。また、肥満や糖尿病などの生活習慣病の増加により、機能性菓子の人気も高まっています。機能性菓子には、ビタミン、ミネラル、カンナビジオール(CBD)、食物繊維、タンパク質、オメガ3、プロバイオティクス、カロリーや砂糖を含まないエネルギー補助食品を使用したアイテムが含まれます。これは、栄養補助食品やスポーツ栄養食品の消費量の増加とともに、市場成長に寄与しています。これとは別に、大手メーカーは、添加物や保存料を使用せず、アレルゲンを低減したグルテンフリーやオーガニック製品のバリエーションを導入しています。これと相まって、健康的で持続可能なクリーンラベルの菓子への消費者嗜好の著しい変化が、市場に好影響を与えています。さらに、主要メーカーは、革新的な風味と食感のプレミアム製品を開発しています。インターネットの普及やスマートフォンの売れ行きが伸びていることに加え、これらの製品が電子商取引を通じて簡単に入手できるようになったことも、市場への追い風となっています。

主要な市場区分

世界の菓子市場は、製品タイプ、年齢層、価格帯、流通チャネルに基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・ハードボイルド・スイーツ

・ミンツ

・ガム・ゼリー

・チョコレート

・キャラメル・トフィー

・薬用菓子

・ファインベーカリー製品

・その他

年齢層別の市場区分

・子供

・大人

・老年

価格帯別の市場区分

・エコノミー

・ミッドレンジ

・ラグジュアリー

流通チャネル別の市場区分

・スーパーマーケット、ハイパーマーケット

・コンビニエンスストア

・医薬品・ドラッグストア

・オンラインストア

・その他

市場の競合状況

世界の菓子市場における主要な企業としては、Chocoladefabriken Lindt & Sprüngli AG, Crown Confectionery, Ezaki Glico Co. Ltd., Ferrero International S.A., HARIBO GmbH & Co. KG, Mars Incorporated, Meiji Holdings Co. Ltd, Nestle S.A., Parle Products Pvt. Ltd, The Hershey Company, The Kraft Heinz Companyなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]