芳香剤市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

芳香剤の世界市場は、2020年に90億7千万米ドルの規模に達しました。2021年から2026年にかけて、市場は緩やかな成長を示すと予測されています。

芳香剤は、玄関、トイレ、廊下、前庭など、家庭や商業施設のインテリアにおいて、空間に香りを付与したり、不快な臭いを消したりするために利用されます。また、自動車、公共の場、医療施設やホテルのロビーなどの広い室内空間にも使用されています。吸着剤、酸化剤、界面活性剤、殺菌剤、防腐剤、エアゾール用噴射剤、鉱物油などの溶剤から構成されています。このほか、フレグランスディフューザーをHVAC(暖房・換気・空調)システムに接続し、室内空間全体に香りを届ける香りの空気システムも含まれます。現在、オイル、ジェル、スプレー、液体、固体、ビーズ、アロマキャンドル、ハンギングディスク、プラグイン、電動ファン、クリーニングシステム、ミストディスペンサーなど、数多くのバリエーションで提供されています。

市場の動向

急速な都市化と所得水準の向上に伴い、高級住宅の建設が大幅に増加していることが、市場の成長を促す重要な要因の一つとなっています。また、芳香剤はホームレス保護施設、拘置所、高齢者介護施設、育児施設でも使用されています。貧困や失業率が上昇し、手頃な価格の住宅が不足しているため、数か国の行政機関は介護施設の増加に力を入れており、それが市場の成長を促しています。さらに、室内の空気の質が重視されるようになったことで、オフィス、病院、劇場、店舗、ホテル、レストラン、ヘルスクラブ、学校などの商業ビルの室内建築環境における芳香剤の採用が進んでいます。加えて、交通機関の利用が増加していることから、飛行機、空港、自動車、タクシー、バス、電車などでの芳香剤の需要が高まっています。さらに、包装・分散技術の進歩に伴い、大手企業による次世代製品の開発が進んでおり、市場の成長を加速すると予想されています。

主要な市場区分

芳香剤の世界市場は、製品タイプ、用途、流通チャネルに基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・スプレー/エアゾール

・電気式芳香器

・ジェル状芳香剤

・キャンドル型芳香器

・その他

用途別の市場区分

・家庭

・企業

・自動車

・その他

流通チャネル別の市場区分

・スーパーマーケット、ハイパーマーケット

・コンビニエンスストア

・専門店

・薬局

・その他

市場の競合状況

芳香剤の世界市場における主要な企業としては、California Scents (Energizer Holdings Inc)、Church & Dwight Inc.、Farcent Enterprise Co. Ltd.、Godrej Consumer Products Limited (The Godrej Group)、Henkel AG & Co. KGaA、小林製薬株式会社、Newell Brands、Procter & Gamble、Reckitt Benckiser Group plc.、S. C. Johnson & Son Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]