ワイヤレスオーディオ機器市場、2021年から2026年の間に約18%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のワイヤレスオーディオ機器市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約18%のCAGRで成長すると予想されています。

ワイヤレスオーディオ機器は、Bluetooth、無線周波数、赤外線、Wi-Fi、Airplayなどの技術を使って音信号を送受信する電子機器です。一般的に使用されるワイヤレスオーディオ機器には、ヘッドホン、ヘッドセット、マイク、アンプ、スピーカー、ラジオチューナー、専用スピーカードック、サウンドバーなどがあります。これらの機器は、スマートフォン、ノートパソコン、パーソナルコンピュータ、ゲーム機などのサポートアクセサリーとして使用されています。これらのデバイスは、オーディオ対応デバイスから出力システムへのメディアのリアルタイムワイヤレスストリーミングに使用されます。これらのデバイスは、接続性、柔軟性、利便性をユーザーに提供します。そのため、ワイヤレスオーディオ機器は、商業、消費者、自動車、および防衛産業などの幅広い分野で使用されています。

市場の動向

世界的なエレクトロニクス産業の著しい成長は、この市場の成長を促進する重要な要因となっています。また、消費者の間で効率的なインフォテインメントシステムへの需要が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。オーディオシステムメーカーは、Bluetooth 5.0技術を機器に広く搭載しており、信号送信時の消費電力を最小限に抑え、ユーザーに高音質を提供しています。さらに、Bluetooth技術は、PCやモバイル機器から、イヤホン、ヘッドセット、スピーカー、ウェアラブルなどの様々な軽量ワイヤレス機器への信頼性の高いポイント・ツー・ポイントのオーディオストリーミングを可能にします。これに伴い、安全な無線通信や長距離通信を目的とした防衛産業での製品採用が増加していることも、市場の成長に寄与しています。加えて、次世代ワイヤレスオーディオシステムの開発など、さまざまな技術的進歩も市場の成長を促す要因となっています。OEM(相手先商標製品)メーカーは、装着者の健康状態やフィットネスを追跡したり、接続された電気製品や家庭用機器を制御したりする機能を備えた製品を開発しています。その他の要因としては、消費者の購買力の向上や、広範な研究開発活動などが、市場の成長を加速すると予想されています。

主要な市場区分

世界のワイヤレスオーディオ機器市場は、製品、技術、アプリケーションに基づいて分類されています。

製品別の市場区分

・ワイヤレスヘッドセットとマイク

・ワイヤレススピーカーシステム

・サウンドバー

・その他

技術別の市場区分

・Bluetooth

・Wi-Fi

・エアプレイ

・その他

アプリケーション別の市場区分

・商業

・一般消費者

・自動車

・その他

市場の競合状況

世界のワイヤレスオーディオ機器市場における主要な企業としては、Apple Inc., Bose Corporation, Koninklijke Philips N.V, Samsung Electronics Co. Ltd., Sennheiser electronic GmbH & Co. KG, Shure Incorporated, Sonos Inc., Sony Corporation, VIZIO Inc. and VOXX International Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]