ヒドラジン市場、2021年から2026年にかけて堅調に成長見込み

市場の概要

ヒドラジンの世界市場は、2020年に約4億1,600万米ドル規模に達しました。2021年から2026年にかけて、市場は安定した成長を示すと予測されています。

ヒドラジン(N2H4)は、アンモニア分子から生成される高反応性塩基および還元剤です。その誘導体は、ノルエピネフリンやドーパミンなどの刺激性神経伝達物質の脱アミノ化と不活性化を触媒する酵素であるモノアミン酸化酵素(MAO)を阻害し、抗うつ作用を示します。そのため、ヒドラジンは医薬品の製造に広く使用されています。また、農業用農薬、発泡剤、写真用化学薬品、繊維用染料、腐食防止用ボイラー水処理、ロケットや宇宙船の燃料としても世界中で使用されています。

市場の動向

ヒドラジン市場の主な成長要因の一つは、さまざまな産業分野におけるヒドラジンの導入です。例えば、ヒ素、セレン、テルル、ウラン、プルトニウムなど、多くの遷移金属や非金属に対する薬剤として機能します。また、ボイラー給水や原子炉冷却水の腐食防止剤としても使用されています。さらに、飲料水の確保に限界があるため、既存の廃水処理プラントの改良に重点を置くようになっていること、環境への関心が高まっていること、汚染水を飲むことによる悪影響についての認識が高まっていることも、市場成長を促進しています。ヒドラジンのその他の重要な用途としては、酸化還元反応、重合触媒、核燃料再処理、ガラスやプラスチックへの金属電解メッキ、ガスの捕捉剤などが挙げられます。加えて、急速な都市化、世界人口の増加、気候条件の変化、耕地面積の減少が、食糧不足と農業における農薬需要の増加をもたらし、市場成長の推進要因となっています。さらに、枯渇性燃料の利用に対する政府の厳しい政策により、環境における二酸化炭素排出量の削減のためにヒドラジンの利用が増加しています。

主要な市場区分

ヒドラジンの世界市場は、タイプ、用途、最終用途産業に基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・ヒドラジン水和物

・硝酸ヒドラジン

・硫酸ヒドラジン

・その他

用途別の市場区分

・腐食防止剤

・医薬品原料

・農薬の前駆体

・発泡剤

・その他

最終用途産業別の市場区分

・医薬品

・農薬

・その他

市場の競合状況

ヒドラジンの世界市場における主要な企業としては、Acuro Organics Limited, Arkema , Arrow Fine Chemicals, Finetech Industry Limited,大塚化学株式会社、東京化成工業株式会社、日本ファインケム株式会社、ランクスエス株式会社、ロンザグループ株式会社、メルクKGaA、日本カーバイド工業株式会社、三菱化学株式会社、Weifang Yaxing Chemical Co. Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]