腸溶性ソフトジェルカプセル市場、2021年から2026年にかけて約6%のCAGRで成長見込み

市場の概要

腸溶性ソフトジェルカプセルの世界市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。2021年から2026年にかけて、市場は約6%のCAGRで成長すると予測されています。

腸溶性ソフトジェルカプセルは、人間の胃の中で酸に敏感な薬が消化される際の反応を安定させるために用いられる徐放性カプセルです。このカプセルは密封されており、液体または半固体の医薬品がゼラチンベースのシェルコーティングに封入されています。コーティングは、封入された製品の放出を遅らせ、耐性を向上させ、後味の悪さを軽減します。これらのカプセルは、医薬品有効成分(API)を保護し、胃の刺激や逆流を防ぎます。一般的には、食生活の乱れや病気、妊娠によるビタミンや栄養素の不足を治療または予防するために、マルチビタミン剤の形で使用されています。従来から使用されているカプセルと比較して、腸溶性ソフトジェルは酵素活性を維持し、バイオアベイラビリティ、吸収性、効能が向上しています。

市場の動向

世界の製薬業界の著しい成長は、市場に明るい見通しをもたらす重要な要因の一つです。また、大衆の間で健康意識が高まり、栄養補助食品が受け入れられつつあることも、市場の成長に拍車をかけています。腸溶性ソフトジェルカプセルは、オメガ3系オイルやその他のジェルベースのサプリメントを封入するために広く使用されています。さらに、非ゼラチンベースの腸溶性ソフトジェルカプセルの開発など、さまざまな製品の革新も、市場の成長要因となっています。菜食主義者のニーズに応えるため、でんぷんやその他の植物由来の原料を使用した新しいタイプの製品が製造されています。加えて、慢性的な病気にかかりやすい老年人口の増加や、電子商取引によるオンライン薬局の普及も、市場の成長に寄与しています。その他、消費者の医療費負担の増加や、カプセルのバイオアベイラビリティを向上させるための研究開発活動も、市場の成長を後押しすると予想されています。

主要な市場区分

腸溶性ソフトジェルカプセルの世界市場は、タイプ、用途、流通チャネルに基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・ゼラチンソフトジェルカプセル

・ノンゼラチンソフトジェルカプセル

用途別の市場区分

・健康補助食品

・医薬品

流通チャネル別の市場区分

・スーパーマーケット、ハイパーマーケット

・薬局・薬店

・オンラインストア

市場の競合状況

腸溶性ソフトジェルカプセルの世界市場における主要な企業としては、Aenova Group、BASF SE、Catalent Inc.、Colorcon Inc.、Fuji Capsule Co. Ltd.、Lonza Group AG、NOW Foods、ProCaps、Super Spectrim、Thermo Fisher Scientific Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]