ビデオストリーミング市場、2021年から2026年にかけて約15%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のビデオストリーミング市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を見せました。今後、2021年から2026年の間、市場は約15%のCAGRで成長すると予測されています。

ビデオストリーミングは、メディアコンテンツを圧縮データのストリームとしてインターネット上に送信するプロセスを指します。ファイルを解凍し、音声データをスピーカーに、映像データをディスプレイに送信するためには、アクティブなインターネット接続とプレーヤーが必要です。これにより、視聴者はファイルをダウンロードして後で見るのではなく、リアルタイムでビデオを見ることができるようになります。また、コンテンツにすぐにアクセスできる利便性があり、保存スペースも不要になります。その結果、世界中で支持を集めています。

市場の動向

インターネットの普及と携帯電話の販売台数の増加が、市場にプラスの影響を与える重要な要因となっています。これとは別に、世界中の大学、学校、カレッジでビデオストリーミングソリューションの需要が大幅に増加しています。これは、ウェビナーやコースの映像記録による学習プロセスの強化などの利点があるためと考えられます。また、ライブストリーミングは、製品やサービスのプロモーション、ブランドと顧客エンゲージメント活動の強化に役立つため、広く企業の間で使用されています。さらに、裁判所の公聴会、セッション、タウンホールミーティング、専門家会議、スタッフトレーニングなどの幅広い用途があります。加えて、市場の主要企業は、ビデオ品質を向上させるために、ブロックチェーン技術、機械学習(ML)、人工知能(AI)を統合しています。これらの技術的進歩は、編集、撮影、ボイスオーバー、スクリプトライティング、およびビデオ制作とアップロードの他の側面を支援します。また、データの整理、エンコード、配信を支援し、デジタル空間を合理化します。このことは、クラウドベース・ソリューションの導入の進展と相まって、市場の見通しを良好なものにしています。さらに、コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な流行とそれに伴う各国の閉鎖措置により、リモートワークが大幅に増加していることも、市場成長を加速すると予想されています。

主要な市場区分

世界のビデオストリーミング市場は、コンポーネント、ストリーミングタイプ、収益モデル、エンドユーザーに基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場区分

ソリューション

・IPTV

・オーバーザトップ

・有料テレビ

サービス

・コンサルティング

・マネージドサービス

・トレーニング&サポート

ストリーミングタイプ別の市場区分

・ライブ/リニアビデオストリーミング

・ノンリニアビデオストリーミング

収益モデル別の市場区分

・サブスクリプション

・トランザクショナル

・広告

・ハイブリッド

エンドユーザー別の市場区分

・個人

・商業

市場の競合状況

世界のビデオストリーミング市場における主要な企業としては、Akamai Technologies Inc.、Amazon Inc.、Brightcove Inc.、Comcast Corporation、Google LLC(Alphabet Inc)、Hulu LLC(The Walt Disney Company)、Iflix(Tencent Holdings Ltd)、International Business Machines Corporation、Kaltura Inc、Microsoft Corporation、Netflix Incなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]