Push-to-Talk over Cellular市場、2021年から2026年にかけて約9%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のPush-to-Talk over Cellular市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約9%のCAGRで成長すると予想されています。

PoC(Push-to-Talk over Cellular)とは、無線機器を使った双方向通信を提供する通信ソリューションです。消費者や加入者は、自分の携帯電話をトランシーバーとして使用し、ネットワークの範囲に制限がありません。PoCには、セルラーネットワークを介したスマートフォンの1対多および1対1の音声通信サービスが含まれます。PoCはまた、全地球測位システム(GPS)、情報プロトコル(IP)ベースの相互運用性、自動ペアリング、モバイルワークフォース管理、グループメッセージング、フリート管理などの高度な機能を提供します。また、DMR(デジタル・モバイル・ラジオ)、緊急通報、長距離通信、インスタント通信にも対応しています。その結果、公共の安全とセキュリティ、製造業、建設業、旅行、接客、輸送、物流など、広い地域をカバーする必要があるアプリケーションに広く使用されています。

市場の動向

世界の通信業界が大きく成長していることが、この市場の主な成長要因の一つです。また、特に発展途上国では、PTT(Push-to-Talk)関連業務に5Gネットワークが広く採用されていることが、市場の成長を牽引しています。さらに、移動体通信において、アナログの陸上移動無線(LMR)システムからデジタルの長期進化(LTE)ネットワークへと消費者の嗜好が変化していることも、市場の成長に寄与しています。中小企業や大企業では、ライブロケーショントラッキングやセキュアなグループマルチメディアメッセージングのために、広帯域のアーキテクチャを使用しています。加えて、クラウドベースのPoCソリューションの開発や、モノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)を利用したコネクテッドデバイスの統合など、さまざまな技術的進歩も市場の成長を促す要因となっています。これらの進歩は、伝送ギャップを最小化し、リアルタイム通信を促進して、通話管理と安全性を向上させます。その他の成長要因としては、堅牢性が高いスマートフォンの利用が増加していることや、インフラ整備を促進する政府の有利な政策の実施などが、市場の成長をさらに加速すると予想されています。

主要な市場区分

世界のPush-to-Talk over Cellular市場は、接続タイプ別、コンポーネント別、アプリケーション別に分類されています。

接続タイプ別の市場区分

・3G

・4G

・Wi-Fi

・その他

コンポーネント別の市場区分

・機器

・ソフトウェア

・サービス

アプリケーション別の市場区分

・公共の安全及びセキュリティ

・建設

・エネルギー・ユーティリティ

・運輸・物流

・製造

・政府・防衛

・旅行・ホスピタリティ

・その他

市場の競合状況

世界のPush-to-Talk over Cellular市場における主要な企業としては、AT&T Inc.、Azetti Networks、Bell Canada、KYOCERA Corporation、Mobile Tornado (Intechnology plc)、Motorola Solutions Inc.、Qualcomm Technologies Inc.、Simoco Wireless Solutions (Team Telecom Group Limited)、Sonim Technologies Inc、Verizon Communications Incなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]