プラスチックメッキ市場、2021年から2026年にかけて約7%のCAGRで成長見込み

市場の概要

プラスチックメッキの世界市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約7%のCAGRで成長すると予測されています。

プラスチックメッキ(POP)とは、プラスチックの表面に、クロム、ニッケル、無電解ニッケル、コバルトリン、銅、金、銀などの金属を電気メッキする工程を指します。洗浄、プリディップ、エッチング、コンディショニング、中和、活性化、加速、浸漬などの工程を経て行われます。主な用途は、製品の美観向上、導電性の向上、表面硬度の向上、耐腐食性・耐摩耗性の向上、下地処理などです。現在、世界各国の自動車、電子機器、配管などの業界で幅広く使用されています。

市場の動向

POPは、世界の自動車産業において、ウィンドウトリム、インテリアトリム、補助ランプ、ミラーハウジング、ラジエターグリル、ネームバッジ、フロント・リアランプなどに使用されています。これは、コスト削減や軽量化など、POPの優れた特性によるものと考えられます。これ以外にも、POPはコンピューター、ノブ、携帯電話、ボタン、スイッチなどのプラスチックトリムの美観を向上させるためにも使用されています。また、主要プレイヤーは、フッ素系界面活性剤、リン酸塩、ホルムアルデヒド、ホウ酸などを使用しないことで、環境に優しい製品の生産に注力しています。さらに、これらの企業は、コスト削減と既存製品の品質向上のために、マルチモールドやツーショット部品プロセスの採用を増やしています。加えて、電気メッキ技術の進歩も市場を牽引しています。例えば、半光沢の下層と光沢ニッケルの上層で構成される2層ニッケルシステムの利用は、POPの耐食性向上に貢献しています。その他の要因として、金属化プロセスでニッケルとクロムの付着に対する耐性を高めるためのマイクロ不連続クロムシステムの開発も、市場の成長をさらに加速させると予測されています。

主要な市場区分

世界のプラスチックメッキ市場は、プラスチックタイプ、メッキタイプ、アプリケーションに基づいて分類されています。

プラスチックタイプ別の市場区分

・ABS

・ABS/PC

・PEI

・PBT

・LCP

・PEEK

・PP

・その他

メッキタイプ別の市場区分

・クロム

・ニッケル

・その他

アプリケーション別の市場区分

・自動車

・建築・建設

・ユーティリティ

・エレクトロニクス

・その他

市場の競合状況

世界のプラスチックメッキ市場における主要な企業としては、Artcraft Plating and Finishing Company Inc.、Atotech、Bolta Werke GmbH、Cybershield Inc.、DuPont de Nemours Inc.、Galva Decoparts Pvt.Ltd.、JCU Corporation、Leader Plating on Plastic Ltd.、MacDermid Incorporated (Element Solutions Inc)、MPC Plating Inc.、Phillips Plating Corporation、Precision Plating (Aust) Pty Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]