抗リウマチ薬市場、2021年から2026年にかけて約4%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の抗リウマチ薬市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。2021年から2026年にかけて、市場は約4%のCAGRで成長すると予測されています。

抗リウマチ薬とは、関節リウマチのさまざまな症状を治療するために使用される薬剤を指します。これらの薬剤は、炎症性筋炎や腸疾患、さまざまな種類の癌、および全身性硬化症(SSc)、全身性エリテマトーデス(SLE)、シェーグレン症候群(SS)などの結合組織病の治療にも利用されています。経口投与、皮下投与、静脈内投与のいずれかの方法で体内に投与されます。関節炎の炎症を抑え、関節の損傷を防ぎ、痛みや腫れを軽減し、関節炎の進行を遅らせる効果があります。その結果、抗リウマチ薬は、世界中のリウマチ専門医、消化器専門医、皮膚科医などの専門家によってますます処方されるようになっています。

市場の動向

関節リウマチは、関節の腫れや痛みを引き起こす炎症性疾患です。また、皮膚、目、肺、心臓、血管に損傷を与えることもあります。そのため、関節リウマチの患者数が増加していることは、世界中で抗リウマチ薬の需要を喚起する主な要因となっています。これらの薬剤は、骨の変形を防ぎ、身体全体の機能を向上させるのに役立っています。そのため、これらの病気にかかりやすい高齢者層での需要が高まっています。さらに、バイオシミラーや新規の生物学的治療法の分野での開発が進んでいることも、市場の見通しを良好なものにしています。これらの治療法は、個々の分子を標的とし、従来の薬剤と比較してより速く作用します。通常、他の治療法に反応しない患者には、疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARD)と併用して提供されます。また、抗リウマチ薬が世界中で容易に入手できるという認識が広まっていることも、市場成長を押し上げています。その他、医療費の大幅な増加やライフサイエンス産業の広範な成長などの要因が、市場成長を加速すると予測されています。

主要な市場区分

世界の抗リウマチ薬市場は、タイプ、薬効分類、投与経路、流通チャネルなどに基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・処方箋に基づく医薬品

・一般用医薬品

薬効分類別の市場区分

・疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARD)

・非ステロイド性抗炎症薬(NSAID’s)

・副腎皮質ホルモン剤

・尿酸降下薬

・その他

投与経路別の市場区分

・経口

・非経口

・その他

流通チャネル別の市場区分

・病院薬局

・小売店

・Eコマース

市場の競合状況

世界の抗リウマチ薬市場における主要な企業としては、AbbVie Inc.、Amgen Inc.、AstraZeneca plc、Biogen Inc.、Bristol-Myers Squibb Company、Celltrion Inc.、Eli Lilly and Company、F. Hoffmann-La Roche AG、Johnson & Johnsons、Pfizer Inc.、Sanofi SAなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]