データラングリング市場、2021年から2026年にかけて約16%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のデータラングリング市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。2021年から2026年にかけて、市場は約16%のCAGRで成長すると予測されています。

データラングリングとは、意味のある分析的洞察を得るために、未整理のデータを変換しマッピングすることを指します。これには、高度なアルゴリズムを使用してデータの可視化と集計を行うための生データのクリーニング、再構築、拡張が含まれます。データラングリングツールとソリューションは、オンプレミスまたはクラウド上で展開することができます。処理されたデータは、さらに人工知能(AI)、機械学習(ML)、データ分析などの高度なタスクに利用されます。さらに、ファイナンス、マーケティング、セールス、オペレーション、ヒューマンリソース(HR)など、さまざまなビジネス機能の最適化にも利用できます。その結果、データラングリングソリューションは、銀行、金融サービス、保険(BFSI)、ヘルスケア、小売、メディア、製造、情報技術(IT)など、さまざまな業界において幅広い用途を見出すことができます。

市場の動向

IT業界の著しい成長と、データ処理・クリーニングのための効果的なツールやソフトウェアに対する需要の高まりは、市場に成長をもたらす主な要因です。また、消費者の間でデータの信頼性に関する懸念が高まっていることが、データラングリングソリューションの需要を高めています。中小企業や大企業では、低品質データのフィルタリング、分布や不整合の可視化、組織プロセスの改善にこれらのソリューションが使用されています。これに伴い、金融機関ではデータセキュリティの向上、半構造化・非構造化データの整理、オンラインバンキングポータルの最適化などにデータラングリングプロセスが使用されています。さらに、ビッグデータやエッジコンピューティングソリューションの導入など、さまざまな技術の進歩も、市場成長を促す要因となっています。これらの技術は、組織の機能に直接的な影響を及ぼす可能性のあるインシデントのリアルタイムな予測や監視を容易にします。その他にも、急速なデジタル化、大規模な研究開発(R&D)活動などが、市場の成長に向けた原動力になると予想されています。

主要な市場区分

世界のデータラングリング市場は、コンポーネント、導入形態、組織規模、事業機能、業種などに基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場区分

・ソリューション

・サービス

導入形態別の市場区分

・オンプレミス

・クラウド型

組織規模別の市場区分

・大企業

・中小企業

事業機能別の市場区分

・ファイナンス

・マーケティング&セールス

・オペレーション

・ヒューマンリソース

業種別の市場区分

・BFSI

・政府・公共機関

・ヘルスケア・ライフサイエンス

・小売・Eコマース

・メディア・エンターテイメント

・IT・通信

・製造業

・その他

市場の競合状況

世界のデータラングリング市場における主要な企業としては、ALTERYX INC.、Altair Engineering Inc.、Hitachi Vantara Corporation、Impetus Technologies Inc.、International Business Machines Corporation、Oracle Corporation、SAS Institute Inc.、Teradata Corporation、TIBCO Software Inc.、Trifacta Software Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]