Wi-Fiアナリティクス市場、2021年から2026年にかけて約24%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のWi-Fiアナリティクス市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、2021年から2026年の間、市場は約24%のCAGRで成長すると予測されています。

Wi-Fiアナリティクスとは、スマートフォンやラップトップなどのWi-Fiアクセスポイントから顧客データを分析・収集し、顧客のトラフィック、滞在時間、解約の可能性などの詳細情報にアクセスするプロセスを指します。デバイスから発信される固有の信号は、関連するデバイスIDを認識するために使用され、その人がWi-Fiにログインしているかどうかを追跡します。関連デバイスを通じて収集されたデータは、企業のビッグデータソフトウェアによってクリーンアップおよび処理され、高度なアルゴリズムセットの適用に使用されます。Wi-Fiアナリティクスの目的は、運用の改善、マーケティングのきっかけ作り、キャンペーン結果の追跡です。その結果、組織が無線ネットワークを通じて利用可能な情報を使用してより良い意思決定を行うことができるため、世界中でWi-Fiアナリティクスに対する需要が高まっています。

市場の動向

世界中でモノのインターネット(IoT)対応のスマートデバイスの導入が進んでいることが、市場成長の主な要因となっています。また、スマートシティの増加により、交通機関のハブ、ショッピング複合施設、乗り合いタクシー、駅などの公共の場にWi-Fiホットスポットが設置されるようになったことも市場の成長を促進しています。さらに、さまざまな企業が、スマートインフラ店舗、オフィスビル、組織における来客数、経路分析、重要な指標を可能にする革新的なWi-Fi分析ソリューションを発表しています。これらのソリューションには、正確なカウントを可能にする人体計測カメラも含まれています。加えて、気象情報を利用して悪天候が店舗の交通に及ぼす影響を分析したり、高周波デバイスと防犯カメラの画像との相関関係を規制して、要注意人物の特定に役立てたりすることもできます。その他、Wi-Fiアナリティクスのより安全なアプリケーションをサポートするための政府規制や、スマートシティ、病院、交通インフラを構築するための公共インフラへの大規模な投資などが、今後数年間にわたり市場の成長を後押しすると予想されています。

主要な市場区分

世界のWi-Fiアナリティクス市場は、コンポーネント、展開、用途、業種に基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場区分

・ソリューション

・サービス

展開別の市場区分

・クラウド

・オンプレミス

用途別の市場区分

・Wi-Fiプレゼンスアナリティクス

・Wi-Fiマーケティングアナリティクス

業種別の市場区分

・小売

・ホスピタリティ・ツーリズム

・スポーツ・エンターテイメント

・交通機関

・ヘルスケア

・その他

市場の競合状況

世界のWi-Fiアナリティクス市場における主要な企業としては、Blix、Cisco Systems Inc.、Cloud4Wi、Fortinet Inc.、GoZone WiFi LLC、Hewlett Packard Enterprise Company、Hughes Network Systems LLC (Echostar Corporation) 、Purple、Ruckus Networks (CommScope Inc) 、Skyfii Limited、Yelp Incなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]