パフォーマンスアナリティクス市場、2021年から2026年にかけて約20%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のパフォーマンスアナリティクス市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約20%のCAGRで成長すると予想されています。

パフォーマンスアナリティクスでは、ビジネスの目標を達成するために情報を収集・分析します。主な機能としては、ダッシュボード、KPI(主要業績評価指標)、パフォーマンスを測定して加速させるための目的別の指標などが組み込まれています。また、現在のパターンやトレンドを瞬時に把握するためのリアルタイムな可視性を提供し、意思決定を強化します。今日、コアビジネスプロセスのデジタル化に伴い、パフォーマンスアナリティクスは、KPIの集計、追跡、可視化のために様々な組織で広く採用されています。パフォーマンスアナリティクスは、実用的な洞察力の獲得、最新の可視化情報の共有、トレンドの予測、パフォーマンスの監視による改善点の特定にも利用されています。

市場の動向

オンライン・バンキング・ソリューションへの大幅な移行により、膨大な量の金融データが生み出されています。このことは、世界の銀行・金融サービス・保険(BFSI)セクターにおけるパフォーマンスアナリティクスの導入に影響を与える重要な要因の一つとなっています。パフォーマンスアナリティクスは、迅速な決算、厳格な管理と監査、リアルタイムの連結、手作業によるエラーの排除を可能にします。また、中小企業では、消費者のニーズや行動を理解し、ビジネスパフォーマンスを向上させ、競争上の優位性を得るために、パフォーマンスアナリティクスへの依存度が高まっています。さらに、医療サービスへのアクセスが増加していることから、世界中の医療機関でパフォーマンスアナリティクスの導入が進んでいます。パフォーマンスアナリティクスは、信頼性の高い実用的なデータを用いて、臨床結果や財務結果の透明性を向上させ、戦略的かつ業務上の意思決定をタイムリーに行うのに役立ちます。加えて、コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大と、これによる学校の一時閉鎖に伴い、eラーニングソリューションの利用が大幅に増加していることも、市場の成長に拍車をかけています。さらに、複数の企業が人工知能(AI)サービスを利用した高度なパフォーマンスアナリティクスを提供しており、これにより輸送業務の自動化ネットワークソリューションへの応用がさらに拡大しています。

主要な市場区分

世界のパフォーマンスアナリティクス市場は、コンポーネント、展開モード、組織規模、アプリケーション、業界などに基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場区分

・ソリューション

・サービス

展開モード別の市場区分

・オンプレミス

・クラウドベース

組織規模別の市場区分

・大企業

・中小企業

アプリケーション別の市場区分

・財務パフォーマンス

・セールス&マーケティングパフォーマンス

・ITオペレーションパフォーマンス

・サプライチェーンパフォーマンス

・従業員パフォーマンス

・その他

業界別の市場区分

・BFSI

・IT・テレコム

・小売

・政府・防衛

・ヘルスケア

・製造業

・その他

市場の競合状況

世界のパフォーマンスアナリティクス市場における主要な企業としては、International Business Machines Corporation、Microsoft Corporation、Optymyze、Oracle Corporation、Prophix Software Inc.、SAP SE、SAS Institute Inc.、Servicenow Inc.、Siemens AG、Workday Inc.、Xactly Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]