ポリカプロラクトン市場、2021年から2026年にかけて約9%のCAGRで成長見込み

市場の概要

ポリカプロラクトンの世界市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約9%のCAGRで成長すると予想されています。

ポリカプロラクトン(PCL)は、化石由来の生分解性半結晶ポリエステルで、熱処理や3次元バイオプリンティングに使用されます。PCLは、ペレット、ナノスフィア、マイクロスフィアの形で一般的に販売されており、自然界では無毒で、熱、湿気、微生物にさらされると有機成分に分解されます。PCLは、開環重合法やカルボン酸の重縮合法を用いて製造され、有機溶媒への高い溶解性と低い融点を示します。PCLは、樹脂への添加剤として、宝飾品や製品の模型・試作品、医療機器、自動車部品、建築資材などの製造に使用されています。また、コーティング剤、接着剤、シーラント、エラストマーなどの製造にも広く利用されています。

市場の動向

世界的に医療産業が大きく成長していることが、この市場の成長を促進する主な要因の一つです。PCLは、整形外科用、歯科用、外科用インプラント、ドラッグデリバリーデバイス、創傷被覆テープ、組織工学、再生医療システムなどの製造に広く使用されています。また、熱可塑性ポリウレタンの処方にPCLが広く採用されていることも、市場の成長に拍車をかけています。PCLは、疎水性、耐油性、耐薬品性、耐紫外線性に優れています。さらに、ポリ塩化ビニル(PVC)の弾力性を高めるための高分子可塑剤としても使用されています。加えて、様々な製品の革新や、建設業界で壁、屋根、ドア、窓の防音材としてPCLが利用されていることも、市場の成長を押し上げる要因となっています。その他の要因として、感圧マイクロエレクトロニクス部品の封止やカプセル化のために、環境に優しくコスト効率の高い材料の需要が高まっていることも、市場の成長をさらに加速すると見込まれています。

主要な市場区分

ポリカプロラクトンの世界市場は、形態、製造方法、用途に基づいて分類されています。

形態別の市場区分

・ペレット

・ナノスフィア

・マイクロスフィア

製造方法別の市場区分

・開環重合

・カルボン酸重縮合

用途別の市場区分

・コーティング

・熱可塑性ポリウレタン

・ヘルスケア

・その他

市場の競合状況

ポリカプロラクトンの世界市場における主要な企業としては、BASF SE、Corbion N.V.、Daicel Corporation、Haihang Industry、Merck KGaA、Perstorp Holding AB、Polysciences Inc、Shenzhen Esun Industrial Co.Ltd、Shenzhen Polymtek Biomaterial Co.Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]